クエン酸の効果的な飲み方と作り方を紹介!

Sponsored Link

= 538

なぜ、自分で作るのか?

市販品でもクエン酸飲料はたくさんの種類があり、
いろんな効果が謳われています。

でも、市販品に限って私は信用していません。

クエン酸1

なぜなら、その中には、糖分が多かったり、
長持ちさせるために添加物が混じっていたりと、
決して体にいいとは限らないからです。


更に肝心のクエン酸の量ですが、
あまりにも少なすぎます。


効果より味重視ですね!売るためには仕方ありません。


なので、自分で作ってしまいましょう!!


自分で作れば、いかに安価で、
効果が期待できるものが作れるかお分かり頂けると思います。

クエン酸の作り方


疲労回復とか体質改善のためには、
自分でクエン酸水を作って飲むのがベストです。


なので、本日はクエン酸水の作り方~飲み方、


また、飲む時の注意点について記載します。


体にいいクエン酸ですが、
メリットが大きいぶんデメリットもあります。


ですが、デメリットを克服する方法もちゃんとありますので、
安心して試して頂けます。


では、早速いってみましょう!

[colored_box color=”red” corner=”r”]

<材料> クエン酸2.5g(小さじ1/2) ・浄水250cc

<作り方> ①浄水250ccにクエン酸2.5gを入れて混ぜる

[/colored_box]

基本的には、一度にたくさん飲むより回数を増やして、
少しずつ飲んだほうがいいので、1回の量は2~3gでいいと思います。

クエン酸2

また使用する水は、水道水には塩素が、
含まれているので避けましょう。


出来るだけ天然水か、
浄水器で濾した浄水の方がいいと思います。


更に、クエン酸で炭酸水も作れます。

以下の動画をご覧下さい。


クエン酸の効果的な飲み方とは?

 

一番効果のある分量は1日約15gとされています。


なので、これを1回2.5gで割ると 、1日あたり6回飲めることになります。


[icon image=”check-b-r”]
そして、クエン酸効果の持続時間は約2時間なので、
2時間置きに計6回のむことがベストになります。

この飲み方で、体質を弱アルカリ性体質に変えることが出き、
疲れにくい体にすることが出来ます。


Sponsored Link

ただし、初めてチャレンジする方は、
2.5gのクエン酸水でもかなり酸っぱく感じると思います。


なので、最初は飲める濃さでけっこうですので、
徐々に馴らしていくことが肝心です。


慣れてくると、自然と濃いクエン酸水が飲めるようになってきます。


また、胃腸の弱い方がクエン酸水を飲むと、
胃が重たく感じたり、お腹が張ったように感じる方もいます。


そういう場合は、
オリゴ糖を混ぜて飲むと酸っぱさも緩和され、
スムーズに飲めるようになります。


[icon image=”point-b-r”]
ちなみにオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やす働きがあり、
クエン酸には腸を刺激して便意を促す働きがあるので、
その相乗効果で便秘にも有効です。

ですが、クエン酸にはデメリットもあります。

それは・・

[icon image=”arrow3-r”]①歯のエナメル質が溶ける
[icon image=”arrow3-r”]②トイレが近い

クエン酸3

と言うことです。
歯のエナメル質が溶けると、
俗に言う「知覚過敏」になってしまいます。


ですが、普通に飲んでいる分には大丈夫なようです。


[icon image=”check-b-r”]
気をつけねばならないのは、
クエン酸水で口内をゆすいだり、
直接歯にクエン酸を浸けたりする行為です。


クエン酸は体内に吸収されるまでは酸なので、
カルシウムなどは溶けてしまうのです。


どうしても気になる場合は、
ストローを使ってクエン酸水を飲んで下さい。


ストローを使うことで歯に当たる心配はありません。


また、トイレが近くなることも事実です。

ですが、これも考えようで、
腎臓の働きがよくなっているのでトイレが近いのです。

なので、心配する必要はありません。

解決策としては、どうしてもトイレに行けない状況の場合は、
クエン酸水を飲むことを控えればいいだけです。

いかかでしたか?ぜひ参考にしてみて下さい。

食品添加物規格 純度99.5%以上クエン酸 3kg【宅配便配送商品】

食品添加物規格 純度99.5%以上クエン酸 3kg【宅配便配送商品】


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ