肺炎でもタバコがやめられない!一時的でもやめる方法とは?

Sponsored Link

= 2

タバコを吸っていて肺炎にかかってしまったという方、かなり体力的ダメージがあるのではないでしょうか?

しかしタバコは、中毒性があるのでやめられない人が多いですよね。

「肺炎にかかったけど、できるなら喫煙を再開したいけど心配もある・・・」

そういった方のためにたくさんの情報をまとめましたので、お役立ていただければと思います。

 



スポンサード リンク


一日数本の喫煙者が一時的に禁煙する方法

 
・ハーブタバコ


形式上はたばこを吸うのと同じですが、ニコチンゼロなので、イライラを緩和させながらやめることが期待できます。

非常にタバコに近いのですが、においに慣れづらいという点と、ニコチンは入っていなくてもタールは含まれており、吸い過ぎると肺に悪いというデメリットもあります。

 
・電子たばこ


吸うとタバコの先が電気で赤く点灯し、煙も出る、タバコそっくりの吸引器です。

香りを付けたものや、ニコチンを含んだものもあります。

 

電子たばこ人気商品

iQOSホワイト …女性に人気で、ツルっとしたプラスティック感が特長です。

iQOSネイビー …男性に人気で、汚れが付いても目立たず、ホワイトに比べると滑りにくいのが特長です。

スミスエミリ   …最大の特徴は、タバコとサイズが同じなので禁煙補助になりやすいことです。手間がかからず見た目がスタイリッシュで、ポケットに入るサイズです。

Kamryクロスエイト…煙が水蒸気で、量の調節が可能です。

口を付けるところはガラスで、バッテリー残量表示もあります。

カラ―が豊富なので、女性の禁煙者にもおすすめです。

 
・離煙パイプ (公式サイト)→http://www.rienpipe.jp/about/


病院の禁煙外来でも使われている、禁煙成功確率89.3%の安心禁煙グッズです。

ステップで分けられたパイプがセットになっており、徐々に少ないニコチン含有量のパイプにしていきます。

禁煙中のイライラに備えて携帯する「御守りパイプ」

さらに、全ステップ終了後の失敗を防ぐための、ニコチン95%カットする「キープパイプ」もあります。

 

 
・ガムで置き換え


普通のガムまたは禁煙ガムを噛み、吸いたくなった時にそれで置き換えるやり方です。

禁煙ガム「ニコレット」について

ドラッグストアで売られている指定第2類医薬品です。

味や固さが異なる4タイプから選ぶことができ、自分でペースをコントロールしながら禁煙していきます。

 

 

一日一箱以上のヘビースモーカーが一時的に禁煙する方法

 
・ニコチンパッチ


体にパッチを貼って、ニコチンを体内に入れることによって、禁断症状を緩和させながら禁煙を図る方法です。

 
・禁煙ワクチン


注射をして、ニコチンによる快感を欲しなくなるというワクチンです。

タバコを吸っても、脳にニコチンが届かなくなるようにする効果をもたらすためです。

 
・禁煙外来受診


初診でニコチンの依存度を確認することからスタートし、およそ12週間ほどの通院での禁煙成功をめざします。

通院期間中、さまざまなアドバイスを受けながら、禁煙補助薬を処方してもらうことができます。

 

 

肺炎再発を予防するにはいつまで禁煙する必要がある?

 

喫煙は再開しないことが推奨されています。

肺炎にかかったのがきっかけで禁煙したのに、また吸い始めると、急性の肺炎を起こす可能性が考えられるためです。

 

肺炎になりやすいタバコの種類とは?

 

数多くある種類の中で、肺炎にかかりやすいタバコというのは特定されていませんが、人によっては、禁煙前と違うタバコで喫煙を再開したら肺炎にかかったという例もあります。

 

タバコをやめずに肺炎を治す方法はある?



今のところありません。

肺炎にかかっているとわかった時点で、吸うのはやめましょう。

肺炎にかかっている身体は、免疫力が低下しており、しっかりと治療しないと呼吸器にもダメージを与えてしまいます。

肺の細胞の構造が一度壊れてしまうと、修復ができません。

このことを理解し、ぜひご自身の体を大事にしましょう。

 

 

まとめ

 

一日数本の喫煙者が一時的に禁煙する方法

・ハーブタバコ

・電子タバコ

・離煙パイプ

・ガムで置き換え

 

一日一箱以上のヘビースモーカーが一時的に禁煙する方法

・ニコチンパッチ

・禁煙ワクチン

・禁煙外来受診

 

いかがでしたか?

やめるのが難しいタバコをやめる方法は、見つかりましたか?

まずは体を大切にしようという思いを大切に、禁煙トライにしてみて下さい。


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ