【アレルギー性鼻炎薬ランキング】おすすめ市販薬まとめ

Sponsored Link

= 1040

こんにちは、ユースケです。

僕は生粋のアレルギー性鼻炎で、寒い時期や季節の変わり目は鼻詰まりがひどく大変です。

皆さんはアレルギー性鼻炎になったらどんな薬を使えば良いのか、迷った事はありませんか?

薬局に行ってもなんだかいっぱいあるし・・・

とりあえず、買ってはみたけど、これでよかったのか?効いているかな?

と思われる方も多くおられると思います。

今回は、そんな方の為にアレルギー性鼻炎の薬の種類と効果、人気の薬を紹介します。

ぜひ、鼻炎薬選びの参考にしてみてください。

 




Sponsored Link


アレルギー性鼻炎薬の種類が多くてわかりずらい・・

 

アレルギー症状の緩和に使われる医薬品にはさまざまな種類があります。

内服薬の他に、点媚薬があり症状に合わせて成分が配合されています。

ランキングの前に簡単にまとめてみます。

 
成分 効果
生薬成分 漢方の事ですね。天然成分を利用して、鼻水や鼻づまりを和らげます。
消炎酵素成分 鼻汁の膿粘液を分解して炎症を抑えます。
抗炎症成分 鼻粘膜の炎症を鎮めます。
副交感神経遮断成分 副交感神経の優位の状態を抑制して、鼻水や鼻づまりを鎮めます。
交感神経刺激成分(血管収縮剤) 鼻粘膜の血管を収縮させて一時的に、鼻づまりを和らげます。使い続けると症状が悪化することがあります。
抗ヒスタミン薬第二世代 抗ヒスタミン作用以外に抗アレルギー作用を有する成分もあります。
抗ヒスタミン薬第一世代 抗ヒスタミン作用でくしゃみや鼻水を和らげます。すでに起こってしまったアレルギー症状に効きます。眠気を伴うことがあります。
抗アレルギー薬 ヒスタミンなどのアレルギー症状を、誘発する物質が放出されるのを抑制します。
 

とこれだけ成分やら効果やら、いろいろなアプローチがあるんで、薬の種類が多いんです。参りますよね。これだけ多いともう何がベストか分からない。。

なので、今まで試してみた感じから独断と偏見で鼻炎薬ランキングを作ってみました。

 

【独自】アレルギー性鼻炎薬ランキング

 

僕がお試してした「おすすめアレルギー性鼻炎薬」を紹介したいと思います。

種類やタイプ、効き目など様々なので購入前にぜひ見てみて下さい!

 

1位:ザジテンAL鼻炎カプセル20カプセル

 
 

使用感としては、鼻炎薬によくある口の渇きはありませんでした。

ただ、効き目もよく認め楽になりましたが、他のと比べると少し副作用で眠くなりました。
3つの働きをもつ、抗アレルギー薬を配合していて、アレルギーの症状から悪化までのメカニズムに作用します。

軽い症状を感じた時から、アレルギーをコントロールできます。

粘膜の炎症を改善し症状が繰り返し起こりにくい状態を保ちます。

 

2位 アルガード抗アレルギーカプセル20カプセル

Exif_JPEG_PICTURE

 

他の鼻炎薬と比較すると、眠気があまりありませんでした。

また鼻炎だけでなく、湿疹などの皮膚症状にも効果があり一般的な抗ヒスタミン薬を、使用していないので、眠気が少ないのかと思われます。

医療用成分、エメダスチンフマル酸塩を配合し、アレルギーによる鼻炎や皮膚症状の改善薬です。

他にも、点鼻薬などもシリーズ化し出されています。

個人的にはいつでも使える点鼻薬のほうがおすすめです。

 

3位:エージーノーズ

鼻炎薬2
一番安く購入できてよかったです。使いすぎると、効き目が落ちてきますが、効果は抜群です。

効き目も勿論ですが、安く購入できる点がおすすめです。

液状でさっぱりと使用できます。

アレルギー症状を引き起こす誘発物質(ヒスタミン等)の放出を抑制する鼻炎薬です。

抗ヒスタミン剤がヒスタミンの受容体結合をブロックしすでに起きてしまった症状を、緩和します。

また、鼻粘膜のはれや、充血を抑え鼻づまりを、緩和します。

 

4位:龍角散鼻炎カプセル20カプセル

鼻炎薬3

 

これもとにかく眠くならないので、助かります。

また他の点鼻薬だと夜中に口が渇くんですが、これは乾かないので翌朝が非常に楽です。

この鼻炎カプセルはパッケージにも書いてありますが、口が渇きにくいのが特徴です。

確かに鼻詰まりで寝ると朝口の中が、乾燥してしんどいですよね(・_・;)
パッケージにも書いてあるように眠くなりにくく、口が乾きにくい、鼻炎カプセルです。

鼻炎の方は、鼻詰まりから口の中が乾燥しますよね。そんな方におすすめです。

 

5位:ハイガード48

070221_1004~0001
花粉や、ハウスダスト等によるアレルギー性鼻炎に効きます。

また食物アレルギーによる、
  • じんましん
  • 湿疹
  • かぶれ
アレルギー症状に、使用する薬です。

 

ただし、
  • 風邪等の鼻炎症状
  • 虫さされ
  • 化膿による皮膚のはれ・かゆみ
には、使用しないでください。

 

 

まとめ

 

症状がアレルギーが原因のものか判断がつかない場合は、医師や、薬剤師に相談しましょう。

病院に行く時間がない病院に行くほど症状は重くない時もありますね。

そんな時は今回の記事をぜひ参考にしてみて下さい。

色々なタイプの市販薬があります。

自分に合ったものを購入する際にリサーチしとくのも大事ですね。


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ