蓄膿症の原因と症状は?チェック方法は?

Sponsored Link

= 731

蓄膿症という言葉をご存じでしょうか?
難しそうな感じがならんでいますが、
これは「ちくのうしょう」と読みます。


蓄膿症とは、鼻の病気です。
正しくは「副鼻腔炎」といいます。


鼻づまりや、嗅覚症状などが主な症状で、
風邪がきっかけで、起こることもありますので、注意が必要です。

症状としては、慢性的な鼻詰まりなどがあり、
体調面にも影響が出てきます。

蓄膿症症状1

今回はそんななってしまうとツラい、蓄膿症の原因や症状、
チェック方法などを紹介しますので、
あれと思ったら、ぜひセルフチェックをしてみてください。


蓄膿症の原因は?なりやすい人は?



呼気と吸気とも、空気の流れの大半が、
中鼻道という場所を通ります。


副鼻腔の多くは、この中鼻道で鼻と交通しており、
この交通路を自然口と言います。


急性炎症などで、これらの部分の粘膜が、
腫れて閉鎖されると、細菌が繁殖し、
粘膜も炎症によって腫れてきます。

蓄膿症症状2

そうすると自然口の閉鎖は、ますます悪化し、
悪循環を形成して、慢性化してくることが多いのです。

蓄膿症は、急性副鼻腔炎を繰り返しているうちに、
慢性化したものが多いのですが、インフルエンザやチフス、
肺炎、鼻の湾曲、虫歯などが原因の場合もあります。

鼻の形でなりやすさが違っており、
鼻が曲がった形をしている人や、鼻のしきりが曲がっている人は、
蓄膿症になりやすいそうです。

[icon image=”check-b-r”]
片方ずつ鼻の穴をふさいで、空気の通り方が違う方は、

蓄膿症予備軍かもしれません。


Sponsored Link

蓄膿症の症状は?



蓄膿症は、鼻腔の周囲の骨の中にある、
大小の空洞である副鼻腔に、膿が慢性的に溜まる病気のことです。

その症状は、急性のように激しくはないですが、

  • 濃い鼻水がたくさん出る
  • 鼻づまりがする
  • 頭痛がする
  • 記憶力、思考力が鈍くなる
  • 悪臭が出る

など、症状が出てきます。


鼻症状だけでなく、そこから発展して、
頭痛や頭の働きの悪さまで、
引き起こされるのはやっかいですね。

蓄膿症症状3

症状の簡単なチェック方法



あなたの気になる症状が蓄膿症かどうか、
チェックしてみましょう。

蓄膿症症状4

以下の項目に多くあてはまる方は、要注意です。

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]

  ・ドロッとした黄緑色の鼻汁が出る。

  ・年中鼻がつまって息苦しい。

  ・鼻をかんでも奥に残っている感じがする。

  ・ドロッとした鼻汁がのどに垂れる。

  ・鼻や口から嫌なにおいがする。

  ・鼻声になったり、声がうまく出せない。

  ・鼻や鼻のまわりが痛い。

  ・ボーっとして集中できない。

  ・頭痛がする。頭が重だるい。

  ・頬や目の周り、歯の奥などが痛い。

  ・食べ物のにおいや味が分からない。

  ・鼻がつまって夜眠れない。

[/colored_box]

風邪とも似ている症状が多いですが、
鼻汁の状態や色が違うので、
よく観察して、蓄膿症か判断するようにするとよさそうです。

もし、セルフチェックで疑われた場合は、
放置せず、必ず病院でみてもらって下さい。


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ