【厄払い】厄年の過ごし方とは?男性の転職はありか?

Sponsored Link

厄年は、転職しないほうがいいのだろうか?働きざかりで次のステップを考えている人も多いのではないでしょうか?

 

厄年は気にしなければそれなりに過ごせると自分に言い聞かせていても、何か悪いことが起きると「やっぱり厄年だから」と頭のどこかで、気になってしまうものです。

 

しかし、自分がいざ厄年の当たり年になっても、

どうなってしまうのか?

どのように過ごしたらいいのか?

何をしたらいいのか?

分からないことが、多いのが正直なことです。

今回は厄年の男性は転職しても大丈夫なのか?ということを中心に調べてみました。

 



スポンサード リンク


厄年に転職はありか?

%e5%8e%84%e5%b9%b4%e3%81%ab%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%81%af%e3%81%82%e3%82%8a%e3%81%8b%ef%bc%9f

結論からいうと、「あり」です。

 

厄年は、男性では25歳と42歳にあたります。

25歳といえば、就職して3年目かそこらだと思いますが、慣れてきた仕事に不満が出てくる時期です。

本当にこのままこの仕事でいいのだろうか?もっとやりたい事はないのか?と悩む時期だと思います。

ただ、社会人になってから礼節を感じるようになって、学生のころには気にしなかった厄年が気になってきます。

私も実際に、25歳で漠然と将来の不安を感じました。転職までは結局しませんでしたが、キャリアアップのためいろいろと仕事以外の事にもチャレンジした年でした。

 

42歳の方は、管理職の方も多いのではないでしょうか?管理職に向いていなくても長く勤めていればいずれ回ってきます。

そんな時にその望んでいない上の立場というストレスに体を痛めるなんてこともよくあることだと思います。

実際、病気になりやすいのは、この時期が多く、40代中ごろから体の節々に違和感が出てくることは周りの方をみていても気づきます。

 

そんな25歳と42歳の厄年に一念発起して、転職を考えているけど、厄年が気になって動けないというのはもったいないですよ。

 

厄年に転職を成功させるには?

%e5%8e%84%e5%b9%b4%e3%81%ab%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%92%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%8b%e3%81%ab%e3%81%af%ef%bc%9f

厄年に転職を成功させるには、2つの重要なことがあります。それは、

 
  • 「勢いをつけるタイミング」
  • 「正しい厄払い」
 

そもそも、転職のタイミングなんてものは、逃すと次はあるかないかと言われれば、「ほとんどありません」

 

めぐり合わせというのが、やはり合って、転職を考えているときは、おそらく自分からもその転職したい願望を周囲に発信していて、どこからともなく「いい話」が流れてくるもののようです。(もちろん、本気で考えていた場合)(私の場合がそうでした。)

なので、「勢い」は大事です。「無鉄砲」ではなく、自分で考えて決めたなら「勢い」で話を進めていくことも大事なんですね。

 

もちろん、それだけなく「厄払い」も大事です。

「厄払い」とはそもそも「日々たまっていく厄を一度に落としてしまおう」ということですので、つまりは気持ちをリセットする事につながるという話なんですね。冷静に物事を考えられてスムーズに転職をすすめる事が出来ます。

 

厄年は厄払いをして、気持ちを整理することで転職をスムーズに進める事ができます!

 

【厄年】男女の違いはある?

%e3%80%90%e5%8e%84%e5%b9%b4%e3%80%91%e7%94%b7%e5%a5%b3%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%af%e3%81%82%e3%82%8b%ef%bc%9f

厄年とは読んで字の如く、災厄に遭いやすいと、されている年齢のことです。

厄年の風習は平安時代からあり陰陽道にルーツがあると言われていますが、明確な根拠などは、不明です。

 

 

厄年の年齢は、男女に違いがあります。
  • 男性:4・13・25・42・61歳
  • 女性:4・13・19・37・61歳
 

上記の年齢が、厄年とされていることが、多いようです。

なぜこれらの年齢が、厄年かというと、語呂合わせで、42歳は「死に」33歳は「散々」に通じるからなどと、言われていているからです。

ですが、科学的な根拠はありません。

また、昔は13歳は、元服して大人の仲間入りの年齢。

男性の25歳は仕事の中心を担う年齢で。42歳には、現役を退いて隠居をする年齢になります。

女性は、19歳で出産し、33歳で子育てが一段落するなどと、言われていました。

 

厄年は、社会的な役割や生活環境が変わる頃にあたることから役割を担う年=役年から厄年になったとも言われています。


厄年は、勝手に決められたものではありません。

生活の中で、変化がある時に身体を壊したり悪いことが起きたりすることを、あらかじめ教えてくれるもののようですね。

 

厄年の過ごしとは?してはいけないこととは?

%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f

厄年には、新しいことを始めるようなこと、
  • 家の新築
  • 結婚
  • 引っ越し
などは避けるようにしたほうがよいと、よく言われています。

つまり、あまり動き回らずに落ちついて過ごしましょうということのようです。

人間が日々を過ごすうえで運気にバイオリズムがあり、上昇の時期もあれば下降の時期もあります。

厄年はその中でも充電をしたり新しいことが始まる前の準備をしたりする停滞期なのです。

そんな停滞期に無理やり新しい事をしようとしてもうまくいくはずがありません。

また、判断力も鈍っていたり、何が起こるか分からなかったりする時期でもあります。

自分自身についてコントロールが効かない時期です。なので、厄年は無理に新たに、動くようなことはせずにおとなしくして、充電する時期と考えた方がいいようです。

 

※ですが、人生においては簡単にあきらめられない時もあります。そんな時は「厄払い」をして心身ともにリセットしましょう。

 

以下のことに気を付けましょう!
  • 新しい事をなるべく始めない!
  • いつも以上に体調に気を付ける!
  • 何かあっても、気にしすぎない!
 

また、
  • 玄関の水拭き水撒きをして厄払いや運気を呼ぶ
  • 布団を天日干しして厄払いをする
  • パワーストーンを着け災厄から身を守る
 

などで、普段から運気をあげておきましょう!

また、東京の神社などで厄払いをしたい方にはこちらの神社がおすすめですよ!

 

まとめ

 

厄年に転職してもいいか?ということですがそれは、「あり」です。

もし悩んでいるならば、「厄払い」を受けてみるのをおすすめします。なぜなら、厄払いは心身のリセットになり、気持ちを冷静にして自分の今後を見極めるきっかけになるからです。

 

また、ただ厄払いにいくだけでなく、自宅でもできる厄払いの方法もあるので、試してみてください。
  • 玄関の水拭き水撒きをして厄払いや運気を呼ぶ
  • 布団を天日干しして厄払いをする
  • パワーストーンを着け災厄から身を守る
 

では、厄年の厄払いぜひ転職希望の方は、本格的な話が進む前に神社などに行ってやってみてください。きっと冷静になれるはずです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link