厄払いで有名な東京の神社まとめ!予約方法は?

Sponsored Link

厄年になる前や、なった時にまず、やらなければと思いつくのが厄払いだと思います。

しかし、なかなか厄払いを、する機会もなく、何をどこで、どのようにすればいいのか、分からないのが、実際のところではないでしょうか。

迷信だとか、気の持ち様だとか、気にしなければ、悩む必要はないのですが、厄年であるということが、心のどこかでひっかかっている人も、おられると思います。

厄年 厄払い1

そんな方は、思い切って、厄払いをして、気持ちをすっきりさせ、厄年に備えるのも、いいと思います。

厄払いに、何をしていいか分からない人のために、厄払いについて、まとめてみました。

 



スポンサード リンク


厄払いとは?男女の違いは?

 

厄年は、精神的にも、肉体的にも変化の多い、人生の節目にあたる年であり、災難に遭いやすく、苦労が多い年とされています。

これまでの自分を反省し、よい年回りになるように、という意味を込め厄払いをします。

厄年 厄払い2

自分を正しく省みて、災難に耐え、自信をもって目的に向かい、努力精進するための厄払いは、大切な儀式と言えます。

厄払いの男女の違いは、当たり年にあります。

厄年とする年齢は、一般的に数え年です。
  • 男性は25・42・61歳
  • 女性は19・33・37・61歳
とされています。
中でも、男性の42歳と女性の33歳は、大厄と言われており、特に忌むべき年齢と言われています。

厄年は、特に注意が必要な年なので、それに備えて行うのが厄払い、ということになるようですね。

 

厄払いの時期とその方法は?

 

<厄払いの方法>
神社で、お祓いをしてもらうことが、一般的ですが、お祓いを専門にしている所に、お願いをしたり、
厄除けのお守りを、身につけたりすることで、厄払いをしている人もいます。

厄年 厄払い3

近年、パワーストーンが流行っていますが、水晶が、厄払いのパワーを持っている、ということで、身につけている人もいます。

厄払いは、これでなければならない、ということではなく自分に合った厄払いの方法で行うようです。

神社等で、厄払いのお祓いを、受けるときには、指示をよく聞いて、私語をしないようにしましょう。

また、祓い棒でお祓いをしてもらう際は、低く頭を下げるようにします。


<厄払いの時期>

前厄、本厄、後厄とありますが、厄払いをするなら、前厄の年に行うのが理想的です。

 

<厄払いしてもらう場所>
神社仏閣で、祈祷を受けるのが最も一般的です。

厄年 厄払い4

大晦日や年初め、節分、誕生日などに、やってもらうのがいいでしょう。

 

神社等で、厄払いをしてもらう場合は、お布施(初穂料)が必要になります。

神社によって、その料金は異なりますが、料金が、お祓いの仕方や、お札の種類によって、料金のコースが、分かれていることがあります。
神社での、厄払いする時の服装については、普段着よりも、
  • 男性:スーツにネクタイ
  • 女性:スーツや、ワンピース
きちんとした服装を、おすすめします。

清潔さのある服装で、不浄と礼儀をわきまえて、お祓いを受けることが、大切です。

 

厄払いを行うならどんな神社に行けばいい?

 

わざわざ有名な神社で行わなくても、基本的には、地域の氏神様の神社でお参りするので十分です。

厄払いを行っているかどうかを、事前に、問い合わせてみましょう。

有名な神社ほど、混雑していたり、予約でいっぱいだったりして、思うように、厄払いしてもらえないかもしれません。

待ち時間も、長くなる可能性がありますので、それを承知で行きましょう。

神社と言っても、日本中に多数あります。どの神社が、厄払いの神社として、ふさわしいのか、分からないと思います。
選ぶポイントとしては、
手入れの行き届いた、大きな神社がいいです。

そのような神社なら、きちんと、お祓いを行ってもらえますし、清潔感から、気分的にも気持ちよく、
お祓いができると思います。

また、宮司も、きちんとされている人が、望ましいでしょう。

厄年 厄払い5

きちんとした身なりで、お祓いしてもらえると、気分的にもいいと思います。

ちなみに、厄払いは神社だけでまく、お寺でも、お祓いをしてくれるところがあるそうです。

お祓いをして、心機一転、新たなスタートが、切れるようにしたいですね。

 

東京で厄払いが有名な神社は?

 

厄払いをしてもらうには、近くの神社でもしてもらえます。

ですが、そう何度も厄払いをしてもらう機会もないので厄払いに定評のある、神社で厄払いをしてもらいたいと、思う方もいるのでは、ないでしょうか。

そこで、東京で厄払いをしてもらえる人気の神社を紹介します。


<明治神宮>

こちらは、大正9年に創設された神社で、明治天皇が祀られています。

厄年 厄払い6

例年、初詣の参拝者数が、日本一で有名なので、厄払いに来られる方も、多いです。事前に問い合わせや、予約をおすすめします。

 

<日枝神社>
神門と拝殿前に、夫婦猿の像が、安置されています。

厄年 厄払い7

猿は、日枝大神の使いとされており、魔除け、厄除け、家門繁栄のご利益がある神社としても、有名です。


<湯島天満宮>

1550年以上の歴史を刻み続けている神社です。

厄年 厄払い8

学問の神様として知られている、菅原道真公を祀っており、毎年、多くの受験生が訪れています。

厄払いの神社探しに、悩んでいる人は、これらの神社を、候補に入れてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ