大洗海岸おすすめ初日の出ポイント!駐車場や混雑状況は?

Sponsored Link

= 652

茨城県は190kmもの、長い海岸線やロープウェイや、ケーブルカーで山頂まで登れる、筑波山など、各地に、初日の出が見られるスポットがあります。

その中の一つである、茨城県東茨城郡大洗町にある大洗海岸は大洗岬から、アクアワールドまで、約3kmにわたって、続いている海岸です。

日本の渚百選や日本の白砂青松百選、日本ジオパークに選定されているこの海岸は、かつては、潮湯治の場所でもあります。

詩人の山村暮鳥は、結核療養のために滞在して、この地で、生涯を閉じました。

大洗磯前神社の、神磯鳥居前の海は、因幡の白兎伝説の、由来となった地として伝えられています。

歴史を感じながら、ありがたい、初日の出を拝んでみませんか?

 




Sponsored Link


【大洗海岸】初日の出の見どころ

大洗1大洗海岸は真東を向いていますので、日の出の眺めは抜群です!

海中の白い石鳥居、「神磯鳥居」の真上から、朝日が昇り、太平洋の大パノラマをバックに、初日の出を、見ることができます。

古くから景勝地と知られており、日本三大民謡の磯節には、「水戸を離れて東へ三里 波の花散る大洗」と、唄われるくらい美しい海岸です。

また、特に人気のある、大洗磯前神社の下にある神磯は、御祭神御出現の地とされていて、元旦の日の出を拝むために、毎年多くの参拝客が訪れています。

毎年元旦には、宮司以下神職は神磯に降り立ち、太平洋に昇る、初日の出を奉拝します。

鳥居越しにみる、幻想的な初日の出は圧巻で、他ではなかなか見られない、光景ではないでしょうか。

 



 

日の出時間

日の出の時間:6:49頃

見逃さないように、前もって到着しておきましょう。

 

初日の出はココで拝もう!

人気のある大磯前神社の神磯で元旦の日の出を見るのが有名ですが、ほかにもおすすめのポイントがあります。そのポイントはこちら↓

 

「大洗サンビーチキャンプ場」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA収容台数7500台と駐車場も多く、県外からも、多くの初日の出目当ての観光客が訪れる人気のご来光スポットです。

東側に大きく開けた、海岸線だけあって、何もない水平線から浮かび上がる太陽を望むことができます。

 

「大洗港」

北海道からのフェリーが、行き来する港で、釣り好きの方にも愛される初日の出スポットです。

運がよければ、元旦に出向する船を手前に、ご来光が拝めるかもしれません。

6:30に大洗港を出港し、太平洋から昇る初日の出を海の上から見る初日の出クルーズも行われています。

 

アクセス

<電車でのアクセス>
鹿島臨海鉄道、大洗駅:海岸までは、この駅から車で5分

また、大洗駅から、初詣シャトルバスも運行しており、20分で大洗磯前神社停留所まで連れて行ってもらえます。

このバス停で下車して、すぐのところにあります。

 

<車でのアクセス>
東水戸道路水戸大洗ICから、国道51号経由で約15分

広い駐車場があるので、車で来られる人が、多いようですね。

 

【大洗海岸】 駐車場の混雑状況

 

無料の駐車場(収容台数1000台)もあります。

いろいろ有益な情報もありました。


Sponsored Link

「大晦日の夕方の時点では、警察による警備が始まっていますが、まだ、日の出待ちの車は、まばらです。」

「年を越したあたりから、周辺の駐車場はどこも、満車になり、路肩に停めるのがやっと、という状況です。」

「日の出前には、通り道に停車する車が、現れるほど、大混雑の状態になります。」

「混雑を避けるには、大晦日の夕方から、場所取りをしておくか、海岸沿いのホテルに一泊して、車を置いて、そのまま徒歩で、海岸に行くのが、いいですね。」

「かなり海風が強く、極寒になりますので、かなり厚着をして行くことを、おすすめします。」

ぜひ参考にしてみてください。

 

初日の出の後に寄りたい初詣ポイント

 

『大洗磯前神社』
大洗3最後にもう一つおすすめプラン!大洗海岸で初日の出を見たら、そのまま初詣をしてはいかがですか?

 

こちらは、856年に創立され、大己貴命・少彦名命を祀り、古くから医薬の大神、幸福を授け、良縁を与える神として、信仰されています。

御祭神御出現の地である神磯は、荘厳さが漂います。

 
  • ご利益としては、
    家門繁栄
  • 交通安全
  • 開運招福
があります。

大磯海岸から、すぐに行ける神社ですから、初日の出を拝んで、そのまま足を運ぶことができます。

神が降臨した海岸と初日の出、神社でパワーをもらって、幸多き一年を送りたいですね。


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ