富士山の初日の出を本栖湖から拝もう!おすすめ情報まとめ!

Sponsored Link

= 997

山梨県富士河口湖町と、
身延町にまたがるように、位置する本栖湖は、
水深138m、富士五湖の中でも、最西端にあり、
一番深く、瑠璃色にきらめく湖水は、透明度が高い湖です。

本栖湖1

湖北側からの富士山は、
新千円札にも、描かれていることで有名です。

富士山と、ご来光を合わせてみることで、
縁起のいい、お正月を迎えたい人には、
おすすめのスポットです。


Sponsored Link




本栖湖から富士山 初日の出を拝む見どころは?


本栖湖の初日の出は、
雪化粧のなだらかな山裾から、
金色に輝く太陽が、ゆっくりと昇っていきます。

富士山と、湖に映り込む朝焼けが、
見事なハーモニーを醸し出し、
見る人の心を奪います。

また、
富士山の頂上から、初日の出が昇るという、
ダイヤモンド富士が見られ、
珍しい、初日の出を見たいという人で、
人気のスポットとなっています。

日の出時間


初日の出の予定時間:6:49頃

見る場所によって、
時間がだいぶずれますので、
余裕をもって行きましょう。

おすすめスポットは?


本栖湖に隣接する、竜ヶ岳展望台は、

ダイヤモンド富士と呼ばれる、
富士山の頂上から、初日の出が昇る、
光景が見られる、おすすめスポットです。

天候に恵まれれば、富士山や青木ヶ原樹海、
南アルプスなどのパノラマが、眼前に広がります。

展望台へは、かつて深い笹に、
覆われていましたが、近年登山道が整備されました。

麓の本栖キャンプ場の、駐車場に車を止めて、
頂上の展望台までは、2時間ほどで、いくことができます。

中腹の石仏展望台までは、約1時間の道のりで、
こちらの方がきれいに、見えるという情報もありました。

新千円札に描かれている、
富士山が見られるビューポイントは、
国道300号から、県道709号付近で、
富士山からの、ご来光を楽しめる鑑賞スポットです。

アクセス 最寄りの駅 インターなど


<電車でのアクセス>

富士急行河口湖線、河口湖駅:タクシーで、40分

また、
河口湖駅から、富士急行バスもあり、
「精進湖経由本栖湖・下部温泉郷」行きに乗って、50分

本栖湖入り口のバス停で、
下車すれば、徒歩すぐ

<車でのアクセス>
中央自動車道河口湖ICから、
国道139号を本栖方面へ、車で20km

最寄り駅が遠いので、車で訪れる人が多いようですね。

本栖湖 駐車場 混雑状況は?避けるには?


無料の湖畔県営駐車場がありますが、
収容台数が10台と、少ないです。

本栖キャンプ場の駐車場は、
無料で、約300台のスペースもありますから、
こちらの方が、おすすめです。


Sponsored Link

場所取りは、
大晦日の昼ごろから始まっており、
混雑は避けられません。

夕方には、本線から湖畔へ入る路上は、
両側とも車で、埋まり始めます。

朝4:50ごろに到着した人は、
富士山が見えそうな、湖畔の路肩には、
車が満杯だったそうです。

東の空が明るくなる頃には、
本線上にまで、車があふれて動けなくなり、
太陽がすっかり、富士山の真上まで来てもなお、
路上の渋滞は、解消しません。

動けるようになるのは、
日の出から、1時間ほど経ってからです。

竜ヶ岳も人気スポットのため、
駐車場には、観光バスや乗用車が多く止まっています。

好きなスポットを確保するには、
遅くとも、大晦日の昼には、
展望デッキ上に、場所取りをする必要があるようです。

どうしても、混雑しているところは、いやだという人は、
本栖湖の東側にある、精進湖でも初日の出が見られます。

精進湖は、湖畔が比較的広いので、
本栖湖ほどの、混雑にはなりません。

本栖湖2

精進湖では、富士山の稜線の左端、
一番低いあたりから、太陽が出てきます。

初日の出の後に寄りたい初詣ポイント


「本栖湖神社」

本栖湖から一番近い神社です。

本栖湖3


本殿は、1781年造営され、
拝殿は、1806年に建築されました。

口碑によると、
往古は江岸寺の鎮守だった、とも言われています。

「北口本宮冨士浅間神社」
富士山吉田口北口登山道の起点に位置し、
富士山信仰とともに、発展を遂げた神社です。

本栖湖4

本殿や西宮本殿、東宮本殿の3棟は、
国の重要文化財、境内は国史跡に、指定されています。

東宮本殿は、境内に現存する最古の建造物で、
武田信玄公が、川中島の合戦の戦勝を、
祈願して建立しました。

御祭神は、木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)であり、
安産・火防・子授・夫婦家族円満に、霊験あらたかです。

生産・育成・繁盛の神として、「生業守」や「むすび守」、
霊峰富士の非常に美しい女神、
という故事に基づく、「美のお守り」が人気です。

身延山久遠寺は、身延町にある、
高僧・日蓮が、晩年を過ごした、
草案が起源の、日蓮宗総本山の寺です。

鎌倉時代に、法華経をもって、
人々を救おうとした、日蓮聖人が1274年に、
身延山に入山しました。

そして、
鷹取山のふもとの、西谷に草庵を構え、
9年間にわたって、法華経の読誦と、
弟子たちの教導に終始し、
1281年に、本格的な堂宇を建築しました。

自ら「身延山妙法華院久遠寺」と、
命名したと、伝えられています。

12月31日の歳末読誦会と、除夜の鐘、
1月1日から3日の、新年祝祷会が予定されています。


富士山と、初日の出からパワーをもらい、
しかも、これらの初詣スポットで、身を清めて、
すばらしい、新年の幕開けにしたいですね。


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ