【東海でお花見ドライブ】おすすめスポットランキング

Sponsored Link

「お花見」というと、お酒を飲みながら宴会気分で桜を楽しむといったイメージが強いですね。

ですが桜の見頃時期にはちょっと遠出のドライブもお花見気分で楽しめますよ。

そんなドライブポイントとして人気なのが東海です。

 

東海地方には「桜の名所」と言われるスポットが数多くあります。

三重県、三多気の山桜や岐阜県の荘川桜、愛知県にある名古屋城、岡崎公園、鶴舞公園など。

その中でも、今回は特に、ドライブの際に、比較的利用しやすい、お花見スポットをまとめてみました。

では、口コミや駐車に便利な視点から、東海地方のおすすめお花見スポット!ランキング形式でご紹介します。

 

こちらの記事もおすすめです↓

夜の花見に着ていきたい服装!女性におすすめな着こなし8選!


 
スポンサード リンク



 

第5位 桃太郎公園(愛知県)

 

東海 花見 1
 

「河川美日本一」と言われる景勝地。

日本ライン木曽川沿岸にある、桃太郎神社を中心とした公園です。

河川敷には、芝生広場がありバーベキューも楽しめます。

桜の見頃時期は、3月下旬~4月上旬。開花に合わせて、「桃太郎さくらまつり」が例年行われ、園内には、ぼんぼりが点灯されるので夜桜見物もできます。

園内どこからでも木曽川が眺められ美しい景色も、のんびり堪能できます。

 

 

第4位 君ケ野ダム(三重県)

 

東海 花見 2
 

ダム湖畔にはダム湖を取り囲むように並ぶ約1500本の桜が映ります。

大洞山や、尼ヶ岳などの山景色もたっぷり楽しめます。

ダム湖畔にある宿泊施設に展望風呂や、テラスがあるので食事をしながらゆったりお花見をすることもできます

4月上旬の見頃時期に合わせて例年「桜まつり」が行われています。ライトアップも午後6時~9時までされています。

 

 

第3位 さくらの里(静岡県)

 

伊豆高原大室山のふもとにあり「日本さくら名所100選」にもなっています。

花見東海2

約3000本、40種類の桜がありそれぞれ開花時期が異なります。

その為9月中旬~5月までの長期にわたって桜を楽しむことができます。約1000本あるソメイヨシノなど春の桜の見頃時期は4月上旬です。

この時期は桜まつりも開かれてお花見客でにぎわいます。

広々した芝生の公園なのでピクニック気分のお花見にぴったりです。

 

 

第2位 冨士霊園(静岡県)

 

東海 花見 3
 

富士山のふもとに広がる広さ約230万㎡の公園墓地。

園内には、富士ザクラを中心にソメイヨシノなどが約8000本あります。

見晴らしの丘から眺められる園内第一ロータリー~中央道路沿い約800mの桜並木は富士山をバックにした、コントラストが見事です。

 

標高がやや高い場所です。その為、桜の見頃時期は例年4月上旬~4月中旬と少し遅め。

霊園のため桜まつりなどのイベントも、ありません。

広々した中で、ゆっくりお花見を楽しむにはおすすめです。

 

 

第1位 臥龍(がりゅう)公園(岐阜県)

 

幹が龍のように見えることから名づけられた「臥龍桜」で有名な公園です。

公園周辺には紅シダレザクラも多く見られます。

見頃時期は例年4月中旬~4月下旬です。

開花に合わせて「臥龍桜・桜まつり」が行われていますよ。

屋台村や、観光案内所も開設され多くの人でにぎわいます。

花見東海3

期間中は午後5時~午後8時までぼんぼりの点灯もあるので夜桜見物もできます。

 

まとめ

 

東海でドライブがてらお花見をするならこの5か所がおすすめです。

 

・桃太郎公園(愛知県)

・君ケ野ダム(三重県)

・さくらの里(静岡県)

・冨士霊園(静岡県

・臥龍(がりゅう)公園(岐阜県)

 

ドライブでのお花見を楽しむ時はくれぐれもドライバーの飲酒運転に気をつけましょう。

お花見でお酒を飲む予定がある際にはハンドルキーパーを必ず決めて安全運転に心がけてくださいね。

Sponsored Link