【男の場合】ハゲない髪ブラッシングの方法と3つのメリット

Sponsored Link

年齢を重ねてくると髪がハゲるんじゃないかと心配になりませんか?

そのために育毛剤や、マッサージを試しているかもしれませんね。

でも、結局面倒くさくて習慣には、なっていない人も多いのでは、ないでしょうか。

そんな人にぜひおすすめしたいのがブラッシングなんです。

ブラッシングでさらに抜け毛が増えて薄毛を進めてしまうのでは?

という考えは実は、誤解です。


正しいブラッシング方法を行えば、むしろ抜け毛や薄毛を予防できるんです。

なぜ、抜け毛や薄毛を予防できるのか、ブラッシング方法と合わせて詳しく説明していきますね。

 



スポンサード リンク


男性のブラッシング3つのメリット

 

1.シャンプーの効果が上がる

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%81%ae%e5%8a%b9%e6%9e%9c

シャンプー前のブラッシングで、
  • 皮脂や汚れ
  • ホコリ
  • フケ
などが、かなり落ちます。

パーマの髪にはもつれを直して指通りがよくなるので、抜け毛予防にもなります。

 

2.頭皮の血行をよくする

%e9%a0%ad%e7%9a%ae%e3%81%ae%e8%a1%80%e8%a1%8c

頭皮の新陳代謝をうながす、マッサージ効果があります。

抜け毛や薄毛予防になりますね。

育毛剤を使う前に行えば、頭皮の細胞が活性化します。

育毛剤の浸透をうながす効果が上がりますよ。

さらに、適度な頭皮の刺激にはリラックス効果もあるので、快適な睡眠も、得やすくなります。

 

3.髪にハリ、潤いが出る

%e9%ab%aa%e3%81%ab%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%80%81%e6%bd%a4%e3%81%84%e3%81%8b%e3%82%99%e5%87%ba%e3%82%8b

ブラッシングによって頭皮から出る皮脂が髪にまんべんなく行きわたります。

 

ブラッシングをまったくしない状態は、
  • たまった皮脂
  • 老廃物
などで、頭皮の血行が悪くなってしまいます。逆に抜け毛や薄毛を進めてしまうこともあるんですよ。

 

正しいブラッシング方法とは?

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e3%81%ae%e6%96%b9%e5%90%91

・ブラッシングの方向

では、頭皮や髪に負担をかけない効果的なブラッシングとは?

特に難しいやり方ではありません。

ひたいの生え際やこめかみのあたりから毛の流れに逆らうようにブラッシングします。

頭皮を傷めないように、いたわりながら優しく、ゆっくり行ってください。

 

・力加減は?
ブラシの柄のまん中からブラシ部分のあたりを持つとほどよい力加減でブラッシングできます。

 

・回数は?
数回~10回くらいが適当です。

必要以上に何回もブラッシングを繰り返しません。

キューティクルがはがれやすくなり逆効果になります。

 

・早さは?
ゴシゴシと早くブラッシングすることも頭皮を傷めてしまいます。

優しく、ゆっくり動かすことが大事ですね。

 

ブラッシングにおすすめのブラシとは?

 

頭皮を傷めず、ハゲないようなブラッシングには、ブラシ選びも重要です。

おすすめなのは、豚毛や猪毛です。

でどんなものかというと、こちらが、豚毛のブラシです↓
ブラッシング男性3

頭皮に刺激を与えすぎず、優しくブラッシングしやすい素材です。

近ごろは、マイナスイオンを放出する「セシオン」という、素材のものも評判になっていますね。

ナイロン製や金属製のものは頭皮や髪を、傷めやすいので避けた方がいいでしょう。

 

まとめ

 

男性のブラッシング効果
  • シャンプーの洗浄力を上げる
  • 頭皮の血行を促進する
  • リラックス効果がある
  • 髪にハリ、ツヤが生まれる
 

ブラッシング時の注意
  • 頭皮を傷めないように、
    優しく、ゆっくりと
  • 回数は数回~10回程度
  • ブラシは豚毛か猪毛がおすすめ
 

まちがった認識でブラッシングに抵抗を持っていると逆に抜け毛を、増やします。

ハゲたくなければ、正しいブラッシングを習慣化させた方が予防になりますよ。

Sponsored Link