髪ブラッシングのブラシおすすめまとめ!髪の長い人短い人には?

Sponsored Link

髪ブラッシングは髪にも頭皮にもいい効果があります。

髪にツヤやハリを出したり、頭皮のマッサージ効果もあって、美髪にはおすすめなんです。
ブラッシングブラシ1

なので、できれば、毎日の習慣にしてほしいものです。

でもブラッシングがいいといっても、使うブラシによっては、逆に髪を傷めます。

では、ブラッシングに効果的で髪や頭皮に優しい素材とは、どんなものなのでしょうか。

おすすめの素材や髪型によって違う、ブラシ選びなどについて詳しくご紹介していきますね。



スポンサード リンク


ヘアブラシの種類と特徴

 

ヘアブラシの素材にはいくつか種類があります。

ブラッシングには、静電気を発生させない、毛先のやわらかいものがおすすめです。

ブラシの形状は、先がとがっていないもので、目の粗いものがいいですね。

 

・ナイロン製のもの

%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%ad%e3%83%b3%e8%a3%bd

軽くて摩擦が少なく、スムーズな髪通りです。

その反面、静電気が起きやすく、髪を傷めやすいんです。

 

・金属製のもの

a new hair brush in detail

弾力性がなく、硬いので頭皮や髪を傷つけやすいと言われています。

 

・木製のもの

Wooden Hairbrush on White Background

静電気が起きにくく、頭皮には優しいですが、素材としては硬めですよね。

頭皮への力のかかり過ぎに注意が必要になります。

 

・豚毛や猪毛

%e8%b1%9a%e6%af%9b

髪に自然なツヤを与え、静電気を起こさない素材です。

毛先がやわらかいので、頭皮も傷めにくいものです。

理想的な、ブラシ素材として、いちばんおすすめです。

ただ、毛の密度が高いものは、髪が摩擦を、受けやすくなります。できるだけ、目の粗いものを選ぶようにしましょう。

 

・豚毛と猪毛どっちがいい?
豚毛と猪毛を比べると、豚毛のほうがやわらかめです。

猪毛は太めで硬く、コシがあります。

なので、細くやわらかい髪質の人には、豚毛がいいでしょう。

猪毛かたくて、太めの髪でもしっかり頭皮まで届きます。

こちらは、猪毛のブラシ↓
ブラッシングブラシ2


さらに豚毛より、水分と油分が多いので、静電気が起こりにくく、枝毛の防止ができます。

毛の表面を整えてくれる効果もあるので、髪にツヤも出しやすいですね。

 

髪の長さ別おすすめブラシ

 

髪や頭皮を、傷めにくいのは、豚毛や猪毛だとわかりましたね。

では、ブラシ選びは、髪の長さによって変えたほうがいいんでしょうか。

 

・髪の短い人
髪質によって、豚毛と猪毛の選び方を考えれば、よいでしょう。

 

・髪の長い人
静電気が起きやすいので、猪毛のほうがおすすめです。

さらに、枝毛や切れ毛にもなりやすいため、目の粗いブラシを選びましょう。

 

ブラシのお手入れ方法とは?

 

ブラシを使い続けていると、髪の毛やホコリがたまってきてしまいますね。

そんな時、ブラシのお手入れ方法を知ってますか?

 

・プラスチックブラシの場合
1.洗面器に3~5プッシュほどのシャンプーを入れます。

2.シャンプーが溶けるようにブラシで泡立て、そこに一晩、ブラシをつけておきます。

3.翌日、ブラシを水の中で振るとホコリが浮いてきます。
ブラッシングブラシ3

何度か振れば、取りにくかった髪も落とすことができます。

4.十分すすいだら、柄の部分の水分をふき取ります。

毛を下にして、乾いたタオルに置いて乾かします。

 

・豚毛や猪毛ブラシの場合

%e7%8c%aa%e6%af%9b

原則として、水洗いはしないほうがいいと言われています。

水分によってカビの発生や、毛が抜けてしまう可能性があります。

それに、動物特有の臭いを強く感じるようになります。

もう1つブラシがあれば、かみ合わせて、汚れや髪をこすり取ってください。

くしでも構いません。それでも、洗わずにいることに抵抗がある人もいると思います。

その際は、プラスチック製と同じように、お手入れしても構いません。

ただし、直射日光やドライヤーで乾かさず、日かげに置いて、自然乾燥させましょう。

ブラシの毛先は必ず、下に向けて乾かしてくださいね。

まとめ

 

・ブラッシング用ブラシは豚毛や猪毛のものがおすすめ。

・豚毛ブラシは、髪が細く、やわらかい人や、髪の短い人向け。

・猪毛ブラシは、髪の量が多い人、硬い人向け。

髪の短い人にも向くが、特に髪の長い人にはおすすめ。(静電気防止、ツヤ出しのため)

・ブラシのお手入れは、シャンプーを溶かした、水かぬるま湯の中で振り洗いする。乾かす時は、毛先を下にして日かげで自然乾燥させる。



Sponsored Link


関連記事

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。