【尾道花火大会】駐車場や混雑状況は?渋滞を避けるには?

Sponsored Link

= 964

広島県尾道市で夏に開催される
おのみち住吉花火まつり
尾道花火1

県内最大規模の花火大会です!

尾道と向島間の尾道水道で↑
1万3000発の花火が打上げられます。

花火は対岸の向島からも観覧でき
観覧スポットが多いことが魅力!

当日、花火大会に先立って御座船が、
提灯船3隻と火船とがご神体を運ぶ
海上渡御(船上神輿)も見学できます。

今回はそんなお祭りと花火大会
一日中楽しめる「おのみち住吉花火まつり」
の駐車場や混雑状況などまとめました!



Sponsored Link


尾道花火大会!見どころは?

 

・開催場所
住吉神社地先・尾道水道海上

 

おのみち住吉花火まつり見どころ

 

とても古い歴史をもつお祭りです。

江戸時代中ごろに住吉浜という所の
海産物問屋の旦那衆が初めてのがきっかけ。

商売の繁盛と海上交通の安全を願って、
住吉神社に花火を奉納したのが始まり!

 

・見どころは?
なんといっても現在も残る行事!

花火に先立って海上に提灯船を出し、
船上神輿が尾道水道を渡るのを、
見物できます。
尾道花火2


そして、なんと言っても、
花火大会は壮観です!

2時間の間に13000発の花火を打上げる
規模としても、とても大きな花火大会。

周りの島々がその大迫力の音と光に
共鳴して振るえているような感覚になります。

こちらが大迫力の尾道花火大会
フィナーレの動画です↓



 

花火大会会場周辺の駐車場や混雑状況は?

 

当日は近くのベイタウン尾道周辺に
合計2300台分無料駐車場が用意されます。

※午後17時から利用可


大きな地図で見る

無料駐車場から会場へは、
シャトルバスが運行します。

車で来る方には渋滞で身動きが取れない
リスクを回避した安全策ですね!

片道大人230円~280円 
※乗車場所によりますがだいたい
これくらいのお手軽な値段です。

詳しい臨時駐車場の情報はこちら↓
尾道駅からの距離をざっと出してみました!

 

尾道産業会館隣駐車場(尾道市東尾道9-5)



 

 

JA東尾道(尾道市東尾道13-1)



 

 

広島綜合警備保障駐車場(尾道市東尾道10-3)



 

 

宮地ナショナル(株)駐車場(尾道市東尾道11-23)



 

 

クニヒロ(株)駐車場(尾道市東尾道15-13)



 

 

(株)味昆駐車場(尾道市東尾道12-1)



 

 

小倉秋一商店駐車場(尾道市東尾道15-1)



 

 

尾道市浄化センター(尾道市東尾道19-1)



だいたい同じ敷地内に無料駐車場が
点在している形です。

まずは尾道駅より東へw
尾道東方面へ行きましょう!

 

また対岸の向島側にも、
2ヵ所の駐車場があります。

向島は花火の穴場スポットでもあるので、
花火狙いならこっちに駐車してもいいかもw

 

こちらが向島の臨時駐車場↓

尾道市民センターむかいしまこころ(尾道市向島町5531-1)



 

フェリー乗り場からだと車で4分くらい

尾道市向島運動公園(尾道市向島町11098-297)



※ちなみに向島側は市民センターが
観覧場所となります。

ここまで当日の無料駐車場を
紹介しましたが、一つ注意して頂きたい
事があります!

当日は18時30分~22時30分まで、
会場付近が車輌通行禁止区域となります。

 

 

なので渋滞を避けるには、
車輌通行禁止間近では、
ない時間帯に駐車しましょう!

というかそもそも車を持っていけませんw

停める場所に関しては上記の
指定駐車場でシャトルバスがあるので
それで来られることをおすすめします。

 

【周辺穴場スポット情報】当日のおすすめプランは?

 

おのみち住吉花火まつりは、
比較的多くの穴場スポットがあります!

 

当日、会場付近は大変混雑します。

早い時間に現地入りできない方や
どうしても混雑を避けたい方は、
チェックしてみて下さい!

 

花火穴場スポットまとめ!

 

・尾道駅前緑地帯~尾道大橋下
BGMを一緒に楽しむには難があります。

しかし、花火だけならどこからでも、
観覧することができますよ~

 

・千光寺公園(尾道市西土堂町19-1)尾道花火3

水道を見下ろす山の上にある公園!

高い位置から花火を楽しめます。

こちらは有名な観光名所でもあり、
開始1・2時間前には混雑してきます。

こちらで観覧するなら参拝や観光も
含めて早めの到着をおススメします!

一応車で山の上、千光寺近くまで
上がることができます!

 

・尾道市役所(尾道市久保1-15-1)尾道花火4

地元では混雑を避けて
ここから見るという人も多いそうです。

駅前の緑地帯周辺は大混雑ですが、
少し東に歩いて市役所まで来る手間を
かけるとちょっと混雑が落ち着きますw

 

・おすすめプランは?

午後の早い時間には
船上に乗る前のお神輿が、
市内を練り歩きます。

14時30分~16時30分

お昼過ぎにJR尾道駅についたら
まずは、場所取りの目安をつけましょう。

例えば今上げた穴場スポットの場所
に行ってみて雰囲気を確認しておくw

やっぱり花火とかは雰囲気が大事なんで、
いくら人が少なくても汚い場所なんかでの
観覧は嫌ですよねw

次に住吉神社へ行き縁日と、
お神輿を楽しむ。

 

やっぱり花火だけでなく、お祭りそのものを
楽しむなら屋台や神輿は欠かせませんw

時間があるなら行っておきましょう!

その後、軽く市内で食事をして、18時から
始まる船上神輿「海上渡御」を観覧。

そしてそのまま花火大会!
というプランはいかがでしょうか?

尾道は美食の街でもあるんで、
歩いて散策していると美味しそうな
お店も多々ありますよw

 

まとめ

 

江戸時代から続く由緒あるお祭り。

住吉神社から市内神輿練り歩き、
全国でも珍しい船上神輿。

そして3方を山に囲まれた、
尾道水道での迫力ある13000発花火!

花火音が山に反響するので、
大迫力の花火が実感できます。

これは一見の価値アリ!
ぜひ実際に、体感してください!

 

こちらの記事もおすすめです

【彼ウケする】花火大会デートの便利な持ち物リスト7選

【花火大会が雨でも浴衣を着たい】濡れても安心な7つの対策

花火大会におすすめな服装7選!雨でも行きたい!

【花火大会を楽しむ秘訣】場所取りに欠かせない必需品7選

【雨の日の対策】花火大会に行くなら準備しておきたい物7選


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ