天神祭花火大会の穴場スポットまとめ!

Sponsored Link

= 251


天神祭りは、大阪府大阪市、
1000年の歴史を持つ大祭です。

 

毎年130万人が訪れるお祭り、
フィナーレとして、花火大会が行われます。



それが、天神祭花火大会
天神祭花火1

約100隻から水上パレードに合わせて、
5000発の花火が打上げられます。



今回は天神祭り花火大会の
穴場スポットなどをご紹介!


Sponsored Link

天神祭り花火大会の見どころは?

 

大阪天満宮に祀られている
菅原道真公(天神様)に、
市内の繁栄ぶりを見ていただくお祭り。



お神輿で、街を練り歩く「陸渡御」と
水都大阪を船で巡る「船渡御」が
両方行われます。



特に船渡御は、100隻の船が航行する中、
「天神様のお出まし」に合わせて、
梅鉢の形に開く、紅梅という花火は、
天神祭のオリジナル。



見どころですよw



他にも、川面で爆発して半円形に花開く
「水中花火」など、珍しい花火も。



こちらが、
天神祭花火フィナーレの動画です↓

 

花火大会開催日時

 

・開催日時
打ち上げ:19時~21時



・会場
打上場所:
造幣局東側と桜之宮球場



観覧場所:
川崎公園と桜之宮公園の河川敷一帯
(大阪市北区天満1丁目)

 

※有料観覧席はありません。



・アクセス
京阪天満橋駅から徒歩5分
JR桜ノ宮駅から徒歩5分



当日は交通規制があり

車での来場はできません。

 

当日の混雑状況について

 

天神祭のフィナーレであり
「天神様のお出まし」に合わせて
花火を打上げるのが船渡御。
天神祭花火2

その独特の進行から、
水上パレードそのものは、
17時30分に、スタートします。

 

 

タイムスケジュールは、

  • 13時30分 本宮祭開始
  • 14時30分 神霊移御
  • 15時30分 陸渡御列出発

(お神輿の移動に合わせて
ここで大きく人の流れが動き始めます)

 

 

  • 17時30分 船渡御列出発
  • 18時00分 船渡御
  • 19時00分 船上祭
    (水上パレードのことです)

 

19時00分 奉納花火開始

 

 

つまり、
船渡御の出発と、花火の両方を、
観ようとする人は、17時30分までに、
場所取りを完全に、終わらせています。

 

 

さらに、
17時過ぎから観覧会場に
一気に人が集まりはじめます。



花火だけを、楽しむ事が目的なら
午後一番に場所をとっておきましょう。



いつでもその場所に、
戻れる範囲で、動く事がポイント。


Sponsored Link

 

穴場スポットについて!

 

メイン会場は、S字型に蛇行する
大川の下のカーブ部分になります。



最寄り駅から、会場までが近く、
前日から始まる大祭のフィナーレ!



当日朝から大混雑となります!



そんな中でも、混雑をさける、
おすすめスポットを紹介します。



・都島橋の両岸周辺

 

S字カーブの上の部分です。



環状線桜ノ宮駅から5分くらいの距離です。



川沿いを少し南下すれば
夜店なども楽しめますよ~



・藤田邸跡公園前周辺

S字カーブの最下方です。
大阪城北詰駅の駅前公園。



公園として整備されているため
大川がよく見える場所がたくさんあります。



デートならこんなプランも!



・帝国ホテル大阪天神祭花火3

打上場所の目の前にあります。



レストラン・客室など当日は、
予約だけでいっぱいに。



ホテルから観る花火はとても優雅な
気持ちになりますよw



ロマンチックな夜を演出したい方は
ぜひチェックしてみては?

 

早めの予約が大切です!
「帝国ホテル大阪 公式HP」

 

・屋形船
船渡御を屋形船から観覧する
とても贅沢なプラン。



一般枠は、とても少ないので
早めの問合せが大事です。



乗船できたら、
川岸の花火を観覧しながら、
ゆっくり食事ができます。



料金:25000円/1人
各旅行代理店などで受付中です。



阪急32番街商店街

天神祭花火4



※ビルに入ったら、
レストランの案内があります。



詳しくはこちら↓
「空庭Dining 公式HP」



阪急梅田駅、徒歩5分の商業ビル。



27階~31階がレストランフロア。
こちらのレストランから、
花火を見る事ができます。



※注意

お店によっては「大川と逆方向」に
窓がありますw



事前によく確認してから予約しましょう。

 

まとめ

 

天神祭花火大会、一番の見どころは、
100隻の船のパレードと花火のコラボ!



また、紅梅という花火は、
このお祭りの時だけ用意される
梅鉢型に開く花火です。



130万人が観覧する大祭を、
川辺、屋内からゆっくり観るのも、
夏の忘れられない思い出になります。



是非、天神祭花火楽しんでく下さいね。


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ