【板橋花火大会の穴場スポット地図付き】有料席もかなりお勧め!

Sponsored Link

板橋花火大会は東京都板橋区
荒川両岸で15000発を打上げる
都内屈指の花火大会。
いたばし花火大会1

日本最高峰の花火師が作製する
「芸術玉」やキャラクター花火など
オリジナル色の強い花火がラインアップ!

同じ東京都内で開催される
「伝統の隅田川花火大会」に対し
「実力のいたばし花火大会」と呼ばれています。

今回は、そんな毎年52万人が訪れる
いたばし花火大会の穴場スポットや、
有料席についてまとめてみました!


 

こちらもおすすめ↓
【雨の日もOK】花火大会に行くなら準備しておきたい物7選

 



スポンサード リンク


開催日時や開催場所について

 

・開催日時
打ち上げ:19時~20時45分


 

・開催場所
荒川戸田橋上流・板橋区側河川敷

※有料席あり



一番距離は近い浮間舟渡駅から会場まで
徒歩で約30分ほどかかる距離ですね。

 

ただ他の会場に近い都営線の駅なんかも
だいたいそれくらいかかりますね。。

 

・アクセス

 
  • 浮間舟渡駅
  • 地下鉄高島平駅
  • 西台駅
  • 蓮根駅
 

さきほども説明しましたが、だいたい
それぞれ会場まで徒歩30分の距離です。

臨時駐車場はありません。

また当日、会場周辺は広範囲で
交通規制があります。

 

【有料席もかなりおすすめ】チケットの取り方を紹介

 

いたばし花火大会では
有料席が用意されています。

ただこれ、全て予約制なんです。

一応、当日券販売ありますが、
有料席を考えている方はお早目に!

 

・陸上競技場イス席:1人3千5百円
グランド内にパイプ椅子を用意してあります。

 

・陸上競技場テーブル付席:4人2万2千円 
グランドにひじ掛付き椅子と丸テーブル
を用意してあります。

 

・競技場シート席
グループS席:8人で2万4千円
グループA席:8人で2万円
河川敷内の道に専用シートを設置。

ただこちらのグループ席のA席は
ナイアガラの滝が見づらくなるのが難点。。

 

・陸上競技場グループ席:8人2万8千円
グランド内に専用シートを用意してあります。

 

・スタンド席
S席:1人3千円 、A席:1人2千5百円
河川敷内の土手が階段状になっています。

このスタンド席はクッションが付いていますw
おしりには優しい席ですw

ただこちらもA席は、
ナイアガラの滝が見づらくなるのが難点。。

 

・芝生斜面グループ席:8人で2万円
芝生が生えた斜面に専用の組立イスを用意。
テーブルとしても使えます。

で今まで紹介した中で競技場内の席は
花火を見上げる形になります。

いたばし花火大会3

長時間の鑑賞は
少し首が痛くなるかもです。

ただ、ほぼ真上から降ってくる花火は、
降り注ぐ流れ星のようで圧巻ですw

スタンド席や芝生席は少し丘なので、
競技場内よりは首は痛くならないでしょう。
SONY DSC

競技場内との違いは
花火全体も見えやすい事でしょうか?

ゆっくりみるなら、こちらですかねw

 

有料席を選ぶポイント!

迫力満点で観覧したいなら、
競技場内チケット。

ゆっくり花火を堪能したいなら
スタンド席。

ぜひご参考ください。

板橋花火大会は
有料席でも見る価値十分!

圧巻フィナーレ動画はこちら↓



実際にライブでみると、
なお凄いですよww

予約方法ですが3種類あります。

※2013年実績です。

 

1. 直接購入
  • セブンイレブン(24時間受付)
  • サークルKサンクス(7時~23時30分)
  • チケットぴあのお店(各店舗営業時間内)
  • 板橋区観光協会窓口
 

2. 電話予約
  • いたばし花火大会専用受付 0570-02-9501(24時間)
  • チケットぴあ受付番号 0570-02-9999(24時間)
 

3.インターネット購入

チケットぴあ(24時間)
※PC・携帯・スマートフォン共通

 

それぞれ6月下旬受付開始

売り切れまでそう時間がかかりません。

お早目に。

 

【地図付き】穴場スポットまとめ

 

いたばし花火大会は
前日の場所取りが禁止です。

当日朝に場所取りが解禁されます。

でも、朝一番に会場入りができない!
という方もいるでしょう。

そんな方の為に穴場情報をご紹介!


・戸田競艇場付近
(埼玉県戸田市戸田公園8-22)



荒川を挟んだ対岸の穴場。

会場よりも少し上流に
進んだ位置にあります。

 

・スーパーイズミヤ板橋店
(板橋区前野町4-21-22)



河川敷から2kmほど市街地寄り
屋上を地元の方向けに開放します。

公式スポットではないので
念のため直前に
開放の確認をした方が良いでしょう。

都営三田線志村坂上駅が近くです。

 

・新大宮バイパス笹目橋
(特に上り車線側歩道)



シートを敷いてゆっくり、
というスポットではないですが

「ハイライトだけキレイに見たい」
という方におすすめ。

あまり混雑しないスポットです。

 

まとめ

 

都内の花火ファンからは
伝統の隅田川、実力のいたばし、と
並んで人気のある花火大会。

駅から会場までの距離が
徒歩30分と長いところが難点ですが、、

逆にその途中で思わぬ穴場スポットが
見つかるのも都市部ならではのポイント!

都内屈指の技術力が発揮される
感動の花火大会を是非、
じっさいに体感してください!



Sponsored Link


関連記事

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。