【横須賀花火大会の穴場スポット地図付き】アクセス情報まとめ

Sponsored Link

= 169

横須賀花火大会は、
神奈川県横須賀市で開催される
よこすか開国祭のメインイベントです。
よこすか花火大会1

開催時間はわずか30分です。

ですが、その短い時間に、
水中花火やスターマインなど、
5千発の花火が次々と打上げられます。

こちらが、スピィーディーな、
横須賀花火大会の模様です!

スピーディな展開の海上花火を、
堪能しに毎年18万人の人が訪れます。

今回はそんな、横須賀花火大会の、
穴場スポットや有料席について、
まとめてみました!

 

こちらもおすすめ↓
【雨の日もOK】花火大会に行くなら準備しておきたい物7選

 




Sponsored Link


開催日時や場所・有料席について

 

・開催日時
打ち上げ:19時15分~19時45分

 

・開催場所
三笠公園
(神奈川県横須賀市稲岡町82)



 

うみかぜ公園
(神奈川県横須賀市平成町3-23)



※三笠公園と、うみかぜ公園は、
新港町の埠頭を挟んだ両側に位置。

打上場所は、埠頭の先端沖合いです。

 

・アクセス
  • 京急横須賀中央駅
  • 県立大学駅
  • 汐入駅
それぞれ徒歩約15分
JR横須賀駅からだと、徒歩約20分

※臨時駐車場はありません。

会場まで駅から徒歩15分~20分です。

もし車を停めるなら、
駅近くのコインパーキングなどに
早い時間からなら停めることは可能です。

(ちょっと予算がかかりますが)

特に三笠公園に近い、
横須賀街道本町一丁目付近には
5~6ヵ所のコインパーキングがあります。

一方通行の多いエリアです。


(こんな感じです↑)

 

本町一丁目交差点を中央駅方面に、
曲がったら手近な十字路を曲がりやすい、
方向に曲がって探してみましょう。

 

・有料席
市民協賛観覧席が設けられています。

一席2,500円から、
3000席用意してあります。

自由席ですので、
有料席を取られる方は、
早めの場所取りをおすすめします!

 

穴場スポットまとめ

 

新安浦港(横須賀市平成町3)
うみかぜ公園の隣にある港です。

県立大学駅から徒歩10分少しなので
アクセスに不便はありません。

 

海辺つり公園



新安浦港のさらに隣にある公園。

打上場所からは2kmほど離れるので
水中花火は少し見づらいですが、
打上花火はゆっくりと観覧できます。

 

中央公園(横須賀市米が浜通1-16)



横須賀共済病院裏手にある公園。

少し高台になっているので、
海への展望は問題なし。

ゆっくりと打上花火を観覧できます。

 

横須賀米軍基地
よこすか花火大会2

穴場です!!こちらが基地内スポット!



毎年花火大会当日に、
「ネイビーフレンドシップデイ」として
昼前から基地内を一般開放してくれます。

基地内を散策しながら海がよく見える
観覧場所を探してみましょう!

 

こんな風に楽しもう!横須賀花火大会

 

横須賀花火大会は他の花火大会と、
違った特色がいくつもあります。

 
  • 観覧会場が幾つもあって最寄り駅が違う
  • 観覧会場以外でも割とどこからでも見える
  • わずか30分に5000発というハイスピード
 

つまり「ギリギリ到着して座る場所を探す」
というスケジュールだと何も見れないまま
終わってしまう可能性が高いです!

観覧場所が分散しているので、例えば、

横須賀基地なら16時頃
最も最寄の三笠公園でも14時位なら、
まだ十分に座る場所を探せます。

三笠公園は公園内岸壁に、
戦艦「三笠」が記念鑑として
保存されています。

もちろん横須賀基地なら、
現役艦も観覧できます。

うみかぜ公園は噴水や、
モニュメントも多く階段状の護岸では、
海辺の生物の観察もできます。

つまり昼前に到着して場所取りしたら、
ゆっくり遊んでまわるスポットが
ずらっと並んでいるロケーションです。

終了時間も20時前と早いので、例えば、

デートならば午後を港見学、
花火を観覧した後に場所をかえて
もう一度デートイベントも楽しめます。

 

まとめ

 

海辺の観光スポットが幾つも並ぶ
港町横須賀の魅力が、
一番楽しめるシーズンが夏。

朝からゆっくりと観光スポットを巡り
戦艦や米軍基地など、
ポイントを半日かけて見学!

そして1日の最後に、
海辺で花火を楽しむ。

盛りだくさんな1日を、
企画できる花火大会です。

ぜひ良い思い出を
作ってきてくださいね!


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ