温泉旅館での浴衣の着方!男性がかっこよく着こなすコツとは?

Sponsored Link

= 1735

温泉旅館に行くと、まずお風呂に浸かって、ゆったりしたくなりますね。

そんなひとときに欠かせないのは、やっぱり浴衣ですよね。
浴衣男性着付け1

でも、日常家で浴衣を着ている人は、めったにいないのではないでしょうか。

そうなると、いざ浴衣を温泉旅館で、着ようとしても、着こなしがいま一つ、といった感じになりませんか?

彼女との旅行先で、浴衣を着ることになり、あまりだらしない着方をしていると、彼女も興ざめしてしまうかもしれません。

女性が浴衣を着ている時、一緒に浴衣をかっこよく着こなす男性は、同性から見ても、素敵に見えますよ。

正しい浴衣の着方さえ覚えれば、かっこよく着こなすのは、簡単です。

という事で今回は、温泉旅館で、くつろいでいる時でも、浴衣を着こなせるポイントについてご紹介します!




Sponsored Link


浴衣のサイズを決める

 

浴衣男性着付け2まず、浴衣を着こなすコツとして、浴衣の丈が自分に合っていることです。

特に決まりというものはありませんが、短めなら、裾がくるぶしの上あたり、長めなら、足の甲にかかる程度です。

裄の長さは、手首にかかるくらいだと長め、腕が半分隠れるくらいの長さは、短めとされています。

 

基本の着付けをマスターする

 

アレンジを加えて、個性的な着方をしたり、胸をはだけたような着方をする人も、最近増えているようですね。

でも浴衣は、日本の伝統的な着物なので、きちんとした着付けで着る方が、品も感じられて、結局は素敵なんです。

ということで、基本的な浴衣の着付けを説明していきますね。

 

1.浴衣に袖を通します

2.右前身ごろを内側に入れます

 

そして、左前身ごろを重ねるように合わせます。

この時、左右をまちがえてしまうと、かっこ悪いですし、縁起が良くありません。

「右手が胸元に入るような合わせ方」と、覚えておくといいですね。

 

3.帯を巻きます
浴衣の腰から下は、ぴったりと、体に添わせるように、しわを伸ばします。

帯を二重にして腰に巻いたら、一度、帯の下に両端をくぐらせて、帯が解けにくくし、蝶結びをします。

衿元は後ろにしわができないように、きちんと伸ばした方が良いのですが、胸元は少しゆとりを持たせても構いません。

ちなみに、正式な浴衣の着付けには、帯を結ぶ前に、腰紐で固定するのが、男性も女性も基本となっています。

 

こちらは、男性1人でも簡単にできる!浴衣の着付け動画です↓
「簡単!男性の浴衣着付け」

 

そして、浴衣を着る場合の肌着は、基本的に必要ありません。

でも汗をかきやすかったり、気になる人は、衿元から覗いて見えないような形のUネックタイプのものを着るといいでしょう。

 

浴衣を着た時の動作もポイント!

 

普段、洋服を着なれているので、浴衣を着ての動作は、ギクシャクして、動きづらさを感じると思います。

そんな場合は、以下のようなポイントに気をつけてみましょう。

・歩き方のコツ
浴衣男性着付け3

外側に蹴りだすような感じで、腰から前に進むと、歩きやすくなります。

 

・着くずれを最小限に防ぐ
帯は、腰を落ち着ける位置に締めます。

 

・座る時のしぐさにも注意
正座をする場合
腰を落とし始める時太ももから膝まで、両手をすべらせて浴衣を整えます。

椅子の場合
太ももから膝を払う感じで整えながら、おしりの辺りを体に沿わせて、整えるように座ります。

膝同士を少し開けて座るくらいの状態が、腰が座って落ち着いた雰囲気になります。

 

・適度な着くずれは雰囲気を作る
自然な着くずれは、何気ない動きも、雰囲気のあるしぐさに見せてくれます。

ただ、わざと着崩した状態ではなく、姿勢を伸ばして胸を張る感じで、帯がきちんと腰で締まった状態が理想です。

 

まとめ

 

男性が旅館で浴衣を着こなすポイント!
1.浴衣の丈は、短めでくるぶしの上あたり、長めでも、足の甲にかかる程度にする。

2.個性的なアレンジを加えて着ることや、わざと着崩すことはせず、基本の着方できちんと浴衣を着付ける。

3.外へ蹴りだすような感じで、腰から前へ進むようにすると歩きやすい。

4.座る時には、シワを作らないように、浴衣を整えることを忘れずに。

5.自然な着崩れは、雰囲気を作る。その際も帯は腰できちんと締まった状態で、胸を張る感じの良い姿勢が理想的。

 

いかがでしたか?僕も調べるまで、着付けとか気にしなかったんですが、基本は抑えられました。

皆さんもぜひ試してみてくださいねw


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

プロフィール


こんにちは!
ハワイが大好きな管理人です。

このブログでは、読んでくれた方の為になるような情報を発信していきたいと思っています。

色々な情報を載せているので、ぜひゆっくりしていってくださいね(^^)/

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ