O157の症状や治療まとめ!効果的な対策を動画で!

Sponsored Link

= 1223

梅雨の時期から秋の初めにかけては、食品の取り扱いに要注意な時期ですよね。

食中毒菌が増殖しやすくなる条件がそろい、流行化にもつながってしまいます。

今回はO157に感染した際の主な症状と治療法についてしらべてみました。




Sponsored Link


o157の症状とは?

o157 対策 2

o157が流行するのは、気温の低い、冬場が多いイメージがありますが、それは、感染力の強さに原因があります。

o157は菌が多くなくても感染しやすいため、他の食中毒菌と違い、増殖しにくい冬にも、油断ができないわけです。

お正月休みに、o157に感染した際に、初期症状をおせちの食べ過ぎだと思い、様子を見ていて悪化した話も聞きます。

そんな時にも症状を見極めて、なるべく早いうちに治療した方が、余計な体力を消耗しないで済みます。

 

o157に感染すると、4~8日間の潜伏期間を経て、激しい腹痛から、頻繁な下痢が起こります。

その後さらに、血便が出ることもあります。

場合によって、発熱することもありますが、一過性のものなので、高熱にはなりません。

成人では、感染していても、症状が出ない場合や、軽い症状で終わることもあります。

それでも、便には菌が含まれているので、処理の際は、周囲の人に感染しないように、十分注意して行いましょう。

感染を予防する方法としては、ひとつにスプレーを使用した方法があります。

「次亜塩素酸によるo157対策とは?」

一方、小さな子供や高齢者が感染すると、抵抗力が弱く、重症化することがあります。

ひどい場合は、溶血性尿毒症症候群を発症して、腎臓の働きが低下したり、血小板の減少、貧血が見られます。

腹痛や下痢が起こった後、数日~2週間後に起こる可能性があります。

さらに、脳症が起こることもあるので、o157の可能性がある場合には、重症化する前に病院を受診しましょう。

 

o157の治療方法とは?

 

下痢が続いたり、血便になっている場合は、早めに診察を受けることが大事です。
0157 対策 3

病院を受診すると行われること
・便の細菌検査
菌が見つかり、ベロ毒素を作ることが確認されると、o157感染症と診断されます。

・尿検査、血液検査
下痢が続いていたり、血便が見られる場合は、溶血性尿毒症症候群が起こっていないかをさらに調べる必要があります。

・点滴
体力が落ちている時には、点滴を受けることもありますが、症状が重いと、入院する場合もあります。

・抗生剤の処方
初期症状であれば、抗生剤が処方され、菌を排除する治療が行われます。腸の中で増えた菌やベロ毒素を早く体外に出してしまう方が良いので、下痢止めは使いません。

下痢を止めると、腸内で菌が大量発生し、症状を悪化させてしまうからです。腹痛に対しての痛み止めの薬も、腸の動きを止める効果があるので、使わない方が良いです。

重篤な症状でなければ、1週間程度で完治するケースがほとんどです。

 

効果的な治療方法とは?

 

o157に感染してしまった場合、効果的な治療方法としては、脱水症状に注意することです。

下痢が続くので、水分を十分補給して、体力が消耗しないよう、安静にすることが、効果的なことが確認されています。

薬の服用については、自己判断で行わず、必ず医師の指示に従いましょう。

 

まとめ

 

・o157の症状には、激しい腹痛、下痢、さらに血便が出ることもある。

・治療方法には、初期症状であれば、抗生剤が処方され、点滴を打つこともある。

・下痢止めや腹痛の薬は、腸の動きを止めてしまう作用があり、悪化させるので、治療には使われない。菌を体外へ早く出してしまうことが、回復を早める。

・効果的な治療方法は、下痢による、脱水症状を防ぐため、水分補給をすること。そして体力が消耗させないよう、安静に努める。

・薬は自己判断で服用せず、必ず医師から指示を受け、処方されたものを服用する。


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ