【熱中症で夜に頭痛が起こる】その原因と対策まとめ

Sponsored Link

熱中症と聞くと、「真夏の炎天下で発症する」というイメージが強いと思います。

しかし、実は熱中症は夜間にも多く発症すると言われています。
熱中症 頭痛 夜 1

そして、夜間に発症する症状として一番多いのが頭痛です

昼間は大丈夫だったけれど、夜に急に激しい頭痛に襲われるというケースも増えています。

そこで今回は、熱中症で夜間に頭痛が起こる原因とその対処法についてまとめてみました。

頭痛にならないための対策も合わせてご紹介します!

スポンサード リンク


熱中症で夜間に頭痛が起こる原因は?

 

まず、熱中症で頭痛が起こる原因について考えてみましょう。

熱中症の症状で頭痛が起こるのは、脱水症状による熱疲労の場合です。

熱疲労の場合は体内の水分量が不足し、その影響で血液量も減少するため頭痛が引き起こされると言われています。

では、なぜ夜間に頭痛が起こるのでしょうか?

一般的には、夜間は気温が下がるため、熱中症のリスクは少ないと思われています。

しかし、熱中症はじわじわと進行する場合もあるため、数時間経って発症することもあります。

いわゆる、「じわじわ型熱中症」です。
熱中症 頭痛 夜 2

じわじわ型熱中症は、数時間~数日かけて進行し、体力が消耗したところで発症します。

昼間の暑さと疲れが重なった夜間に、頭痛などの症状を引き起こす確率が高くなると言われています。

日中は自覚症状が無かったのに、夜間に急に頭が痛くなったという経験は私自身もあります。

気温が高い日中に外出していたため、想像以上に体力を消耗していたということですね。

 

また、じわじわ型熱中症の他にも就寝中に熱中症を引き起こす、という場合もあります。

いわゆる、「夜間熱中症」です。

人は寝ている間に約300mlの汗をかきます。

暑さを我慢して寝ている場合は、さらに汗の量が増え、約500mlになると言われています。

そのため、体内の水分量が減少して頭痛のリスクが高まります。

更に、気温が低くても湿度が高い場合は、汗が蒸発しにくくなり、発熱と放熱のバランスが崩れてしまいます。

すると、体内に熱がこもってしまい、脱水の症状が進行して、益々頭痛のリスクを高めてしまいます。

気温が25度以下でも、湿度が80%以上ある場合は注意が必要です。

 

熱中症の症状が出やすい人とは?

 

では次に、熱中症の症状が出やすい人について簡単にまとめてみました。

・高齢者
体温調節機能が低下しており、体内の水分量も少ない。

・乳幼児
体温調節機能が未熟な上に、体が必要とする水分量が多い。

また、温度変化の影響を受けやすい。

・肥満の人
エネルギー消費が大きいため、熱の発生が多くなる。

また、脂肪は熱を伝えにくいので発散効率が落ちる。

・持久力のない人
循環機能が低い。

・暑さに弱い、慣れていない人
熱中症 頭痛 夜 3
基礎代謝が低くて汗をかきにくいため体に熱がこもりやすい。

 

このような人が、熱中症の症状が出やすいと言われています。

また、体調不良の時は熱中症のリスクが高まります。

 
  • 疲れがたまっている
  • 睡眠不足
  • 風邪
  • 嘔吐や下痢
 

このような場合は、無理をせずゆっくりと休みましょう。

 

頭痛にならない対策や治療方法まとめ!

 

それでは最後に、夜間の頭痛対処法と頭痛にならないための対策を簡単にまとめてみます。

夜間に頭痛が起こった場合は、こまめに水分を補給することです。

頭痛の原因は体内の水分量減少なのでそれを改善しなければ頭痛は治まりません。

水分補給にはポカリスエットが最適です。

ポカリスエットは、人の体液に近い組成と浸透圧の生理食塩水に良く似た成分で出来ています。

また、首筋や脇の下を冷やして体温を下げることによって頭痛の治まりも早くなります。

頭痛にならないための対策としては、こまめに水分補給することです。

特に、眠る前と起きた時には必ず水分補給をして下さい。

アルコールやコーヒーは利尿作用がある為、水分補給にはなりません。
熱中症 頭痛 夜 4

却って脱水が進む恐れがあるので要注意です。

そして、エアコンや扇風機などを上手に利用して室温28℃、湿度60%以下を保って下さい。

熱中症の予防や対策は、こちらの動画で勉強しましょう!

「熱中症緊急対策マニュアル!」

簡単に説明してくれているので、とても参考になりますよw

 

まとめ

 

≪熱中症で夜間に頭痛が起こる原因≫
  • じわじわ型熱中症
  • 夜間熱中症
 

≪熱中症になりやすい人≫
  • 高齢者
  • 乳幼児
  • 肥満の人
  • 持久力のない人
  • 暑さに弱い、慣れていない人
  • 体調不良の人
 

≪夜間の頭痛の対処法≫
  • ポカリスエットでこまめに水分補給
  • 体を冷やして体温を下げる
 

≪頭痛にならないための予防対策≫
  • こまめに水分補給しておく
  • 室温28℃、湿度60%以下を保つ
 

熱中症の症状は時間差で、現れることもあるので注意が必要ですね。

風邪や偏頭痛などと勘違いして薬を飲んでしまうと危険なので、よく症状を観察して下さいね。

エアコンは体に悪いと思われがちですが、使い方次第です。

エアコンを上手に利用して、快適に夏を過ごしましょうw

 

関連記事:

熱中症 対策の飲み物OS-1とは?超効果的な取り方と注意点について!

熱中症 症状の吐き気対処や対策まとめ!即効性がある方法とは?

熱中症 症状の頭痛にロキソニン効果は?その他の治療と比較!

熱中症 対策の飲み物にレモンが超効果的!その理由とは?レシピ動画で!

熱中症対策の飲み物は市販で!おすすめ飲料水まとめ!



Sponsored Link


関連記事

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。