熱中症対策の飲み物OS-1の超効果的な取り方と注意点について

Sponsored Link

熱中症対策の飲み物として
最近注目を浴びているのが
「OS-1(オーエスワン)」です。
熱中症 症状 吐き気 3

高温多湿な日本の夏は、脱水症状になる可能性が高く常に熱中症の危険と隣り合わせです。

特に体内の水分量が少ないお年寄りや代謝の活発な乳幼児は注意が必要ですね。

そんな時に役に立つのがOS-1です。

OS-1は水分と電解質と糖分がバランスよく配合されています。

そのため、脱水状態の改善に最適な飲み物と言われています。

そこで今回は、熱中症対策に最適な飲み物であるOS-1についてご紹介します。

スポンサード リンク


熱中症対策飲料OS-1とは?

 

まず初めに、OS-1とはどんな飲み物なのか簡単にまとめてみます。

OS-1は体から失われた水分や塩分をすみやかに吸収・補給できるように作られた飲み物です。
熱中症 OS1 1

脱水状態の時に水分だけを摂取すると体内の電解質が薄くなるため濃度を保とうと利尿作用が働きます。

そのため、水分と一緒に電解質を補給する必要があります。

また、脱水が酷くなると頭痛や吐き気などの自覚症状が現れ、その改善のために糖分の摂取も必要です。

そのすべてがバランス良く配合されているのが、OS-1という経口補水液です。

飲める点滴と言われています。

WHO(世界保健機構)の提唱する経口補水療法の考え方に基づいており、乳幼児から高齢者まで飲むことができます。

そんなOS-1の主な成分は以下の通りです。

 

OS-1成分分析表(100mLあたり)
  • エネルギー  10kcal
  • タンパク質   0g
  • 脂質        0g
  • 炭水化物   2.5g
  • ナトリウム   115mg(5mEq)
  • ブドウ糖     1.8g
  • カリウム     78mg(2mEq)
  • 塩素        177mg(5mEq)
  • マグネシウム 2.4mg
  • リン         6.2mg
 

OS-1(500mL)1本には味噌汁1杯、または梅干し1個と同じナトリウムが含まれています。

また、100%オレンジジュース1杯。またはバナナ1本分のカリウムが含まれています。

一般的なスポーツドリンクなどに比べると塩分が多く含まれています。

その為、脱水状態ではない人が飲むと塩分を取りすぎてしまうので注意が必要。

基本的には医師の指導の下で飲むことが推奨されています。

そんなOS-1は全国の調剤薬局やドラッグストア、インターネットなどで購入できます。

 

熱中症対策としてOS-1を効果的に取るポイント

 

では、次に熱中症対策としてOS-1を効果的に摂取するポイントをまとめてみました。

まず、知っておいてほしいのがOS-1は脱水症状の予防のためではなく脱水症状の改善に適した飲み物です。

一般的なスポーツドリンクに比べると糖質は約3分の1ですが、塩分は約2.5~4倍含まれています。

そのため、体内の電解質が足りている状態で飲むことは、あまり効果的ではありません。

 

軽度から中等度の脱水状態の場合に摂取すると効果的です。

 

1日当たりの目安量は以下の通りです。
  • 成人・・・500~1000mL(1日)
  • 幼児・・・300~600mL(1日)
  • 乳児・・・30~50mL(体重1kg当たり)
 

脱水の状態に合わせて調整しながら飲みましょう。
熱中症 OS1 2

一度にたくさん飲んでしまうと吐いてしまうことがあるので、こまめに飲みましょう。

熱中症におすすめの飲み物としてよく聞くのはポカリスエットなどのスポーツドリンクです。

しかし、脱水症状の場合には経口補水液OS-1が一番です。

体への吸収率が高いため、素早く必要な成分を補給できます。

健康な時の水分補給にはポカリスエット、脱水状態の時の水分補給にはOS-1と使い分けることをおすすめです!

 

まとめ

 

≪OS-1について≫
・体から失われた水分や塩分をすみやかに吸収・補給できるように作られた飲み物。

・水分、電解質、糖分がバランス良く配合されている。

・飲める点滴。

・乳幼児から高齢者まで安心して飲むことができる。

・一般的なスポーツドリンクより塩分が多く含まれている。

・基本的には医師の指導の下で飲むことが推奨されている。

・全国の調剤薬局やドラッグストア、インターネットで購入できる。

 

≪OS-1を効果的にとるポイント≫
・脱水症状の予防のためではなく脱水症状の改善に適している。

・糖質はスポーツドリンクの約3分の1。

・塩分はスポーツドリンクの約2.5~4倍。

・軽度から中等度の脱水状態の場合に摂取すると効果的。

・目安量を基準にして脱水の状態に合わせて飲む量を調節。

・こまめに飲む。

・健康な時の水分補給にはポカリスエット、脱水状態の時の水分補給にはOS-1と使い分け

 

OS-1の元となっている経口補水療法というのは、開発途上国から生まれました。

感染症治療において水分および電解質を迅速かつ簡単に補給する方法として生み出されたそうです。

熱中症にも非常に効果的ということで、ますます注目を集めそうですね。

 

関連記事:

熱中症 症状の吐き気対処や対策まとめ!即効性がある方法とは?

熱中症 症状の頭痛にロキソニン効果は?その他の治療と比較!

熱中症 対策の飲み物にレモンが超効果的!その理由とは?レシピ動画で!

熱中症対策の飲み物は市販で!おすすめ飲料水まとめ!

Sponsored Link