【小見川花火大会の穴場スポット地図付き】駐車場や渋滞について

Sponsored Link

明治41年から続く花火大会として、
関東地方の中でも有数の規模を誇る、
小見川花火大会が今年も開催されます。
小見川花火大会 1

開催日は、8月1日となります。

かつての利根川川開きの日に合わせて、
毎年同日に開催されているようですね。

超特大スターマインや利根川の水面に咲く、
巨大な水中花火など、豪快な花火が魅力で、
例年約17万人もの人出があります。

全国各地から花火師さんが集まって、
自慢の花火の美しさを競い合うという、
「全国尺玉コンクール」も人気ですね。

こちらがその鮮やかな尺玉のコンクール↓
「小見川花火 全国尺玉コンクール」

見ごたえのある花火が例年大人気の、
小見川花火大会の穴場スポットや、
周辺駐車場の情報などをご紹介します。

 

こちらもおすすめ↓
【雨の日もOK】花火大会に行くなら準備しておきたい物7選

 



スポンサード リンク


【地図付き】小見川花火大会の穴場

 

小見川花火大会は、毎年大変な人出ですが、
穴場スポットもあるんですよ。

 

花火大会会場となる利根川のうち、
下流の河川敷の小見川大橋付近は、
その中でも穴場です。



多少混雑はするものの、会場周辺よりは、
広々としていて、ゆっくり花火が見られます。

当日は、17時ごろから会場周辺の
交通規制が始まり、混み始めるので、
それまでに現地到着がおすすめです。

花火会場からは少し離れてしまいますが、
小見川城山公園からも眺められるようです。



 

会場へのおすすめアクセス情報

 

会場となる小見川大橋下流には、
電車の場合、JR成田線小見川駅下車で、
徒歩30分となっています。

車では、東関東道佐原香取ICから
国道356号経由で20㎞となり、
所要時間は30分程度です。

ただし、例年混み合い、渋滞するので、
できるだけ公共交通機関の利用を
おすすめします。

小見川支所駐車場近くの船着場からは、
当日、シャトル船も運航されるので、
徒歩でなくても会場まで行けますよ。

運賃は中学生以上が1000円で、
小学生は500円となっています。
(2013年度の料金です)

さらに、ソニー跡地駐車場からは、
無料のシャトルバスが運行されます。

運行時間は、15時~21時半です。

 

花火会場周辺駐車場の状況

 

無料駐車場は、小見川駅の周辺や、
小見川城山公園、会場周辺などに、
例年約4000台分あります。

点在しているので、周辺まで行って頂けると
確認できると思います。

といっても、会場周辺はかなり混み合い、
17時~22時まで交通規制があるので、
例年大変渋滞します。

車を停めたいのであれば、当日は午前中に
駐車場に入るくらいのつもりで
出かけた方がいいでしょう。

周辺の住民の方々の迷惑になるので、
駐車場に車が止められないからといって、
路上駐車だけはしないでくださいね。

 

まとめ

 

・小見川花火大会の穴場スポットは、
利根川下流河川敷の小見川大橋付近。

会場近くより広い敷地があるので、
ゆっくり花火を眺められる。

多少会場から離れてしまうが、

 

小見川城山公園からも眺められる。

17時頃からは周辺が混み始めるので、
それまでに到着しておいた方が良い。

 

・アクセスは車利用よりも、電車がおすすめ。

当日は駅周辺から、シャトル船(有料)や、
シャトルバス(無料)が運行されるので、
徒歩以外でも会場まで行ける。

 

・駐車場は駅周辺や、城山公園、
会場周辺に約4000台分あるが、
例年かなり混み合う。

車を停めるには、当日午前中から
駐車場に来るつもりでいた方が良い。

これらの情報チェックで、
当日はばっちりいい花火を
堪能して下さいねw

Sponsored Link