【彦根花火大会の穴場スポット地図付き】駐車場や混雑状況は?

Sponsored Link

琵琶湖畔の松原水泳場で行われる、
彦根花火大会は「北びわ湖大花火大会」とも
呼ばれ、毎年人気の花火大会です。
彦根花火大会 1

琵琶湖は他にも、びわ湖大花火大会や、
長浜・北びわ湖大花火大会もあります。

例年8月に開催される、
花火大会有名スポット!

例年8月1日に開催されますが、
荒天の場合は翌日2日の開催となり、
翌日も荒天の場合中止となってしまいます。

例年、約7000~10000発の花火が
打ち上げられ、特に終了15分前からの
スターマインの連続打ち上げは圧巻です。

こちらがその圧巻の琵琶湖花火大会↓
「北びわ湖大花火大会!圧巻ダイジェスト!」

琵琶湖面に映る花火は、風情があって、
見ごたえも十分ですね。

湖畔で間近に花火を見る以外にも、
少し離れた場所から花火を眺めたり、
ナイトクルーズをしながらも楽しめます。

例年の人出が約15万人と言われる、
彦根花火大会のおすすめ穴場スポットや
気になる駐車場情報などをご紹介します。

 

こちらもおすすめ↓
【雨の日もOK】花火大会に行くなら準備しておきたい物7選

 



 

スポンサード リンク


彦根花火大会の混雑状況や穴場スポット

 

彦根花火大会の会場は琵琶湖畔ですが、
有料観覧席は設けられていません。

打ち上げ場所に最も近い観覧場所は、
松原水泳場ですが、さすがにここは、
人気なので、例年混み合います。

でも、500mくらいの浜辺になっていて、
障害物もなく、花火は見やすい場所です。

16時頃から場所取りをしても間に合います。

ただ、彦根港~松原水泳場付近は、
交通規制もあるので、歩道や道路が
かなり混雑してしまうんです。

花火終了後、彦根市内の道路は、
3時間以上の渋滞もあるほどです。

それでも松原水泳場で見たい場合は、
会場入り口~手前にいた方が良いですね。

 

その他のおすすめ穴場スポットはこちら↓

・琵琶湖国定公園周辺



ここは車で来ても、県道25号線の
湖岸道路沿いに止めることができます。

人出もほとんどなく、国定公園の浜で、
静かに花火が見られます。

花火大会終了後の渋滞も避けられ、
ストレスなく帰ることができますよ。

 

・荒神山山頂の東屋



 

ここは彦根の市街地が眺められる、
夜景スポットでもありますが、
花火の全景も一緒に楽しめます。

打ち上げ場所から近いのですが、
山頂なので車で行くスポットですね。

彦根ICから車で50分くらいの距離です。

それでも標高は284mとさほど高くなく、
渋滞もなく、混雑する場所ではないので、
ゆっくり落ち着いて見られますよ。

 

駐車場の状況は?

 

彦根花火大会の会場付近には、
基本的に駐車場はありません。

当日、会場周辺は歩行者天国になり、
会場に近い場所ほど渋滞します。

車で行く場合は、彦根駅周辺にある、
有料駐車場を利用して、駅からは
シャトルバスで行くのがおすすめです。

 

駅周辺の有料駐車場はこちら↓

・NPC24Hアル・プラザ彦根パーキング
(アル・プラザ彦根駐車場)



入出庫可能時刻は8時45分~22時30分

 

・京橋口駐車場(夢京橋キャッスルロード)



普通車なら24時間対応です。

 

・近江鉄道駐車場(彦根駅前)



24時間対応です。

そして、ある意味無料で使える駐車場は、
約2100台収容できる、
カインズモールの駐車場ですね。

花火大会の会場からも比較的近い、
ショッピングモールの駐車場なので、
広くて、屋台も多少出店しています。

この他にも、有料の小さい駐車場も
所々にありますが、当日はどこも
早い時間帯から満車になってしまいます。

彦根駅から花火大会会場までは、
徒歩だと35分ほどかかりますが、
シャトルバスでは7分程度です。

帰りの渋滞のことも考えたら、
電車で行かれることをおすすめします。

 

まとめ

 

彦根花火大会の穴場スポット
・琵琶湖国定公園周辺

湖岸道路沿いに車が止められ、
人出もほとんどなく、静かに見られる。

・荒神山山頂の東屋
打ち上げ場所から近い、夜景スポット。

標高はさほど高くないが、混雑もなく、
花火の全景が見られる。

 

会場近辺には駐車場はない。
彦根駅周辺には、有料駐車場があるが、
当日は早い時間帯から満車となる。

彦根駅から会場まで、シャトルバスが
運行されるので、できるだけそちらを
利用した方が良い。

どうでしたか?

こちらの情報をもとに、
当日は迫力満点の花火をぜひ
堪能してくださいねw

Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ