【市川花火大会の穴場スポット7選!地図付き】混雑や渋滞情報まとめ!

Sponsored Link


Sponsored Link

= 1520

千葉県市川市の江戸川河川敷で開催される市川市民納涼花火大会は観客動員数日本一の花火大会!

毎年、対岸で行われる江戸川区花火大会と共同開催で両岸合わせて約140万人が訪れます。

そんな市川花火大会の見どころは、オープニングを飾る5秒間での1000発打ち!

スタートから出し惜しみ無し!

迫力満点の花火が楽しめます。

 

こちらはそんな迫力満点の市川花火大会の様子↓

「ど迫力な市川花火大会の動画!」

 

今回はそんな市川花火大会の穴場スポットや混雑・渋滞状況をお届けしたいと思います。

 

こちらもおすすめ↓
花火大会に行くなら準備しておきたい物7選!

 




Sponsored Link


市川花火大会穴場スポット7選!

市川 花火大会 1

市川市民納涼花火大会は目の前で迫力満点の花火を楽しめる有料席も用意されています。

ただ、値段がちょっと高めです。

そこで、無料でも花火を楽しめる穴場スポットをご紹介します。

 

1 行徳会場(市川市河原)


サブ会場となっている行徳会場です。

行徳橋を渡ってすぐの場所で、敷地内には遊歩道と芝生が広がっています。

打ち上げ場所から離れているので、仕掛け花火は見えづらいですが、
打ち上げ花火は綺麗に見えます。

メイン会場に比べると混雑が緩やかなので、のんびりと座って鑑賞することができます。

混雑を避けてゆったりと鑑賞したい方にオススメの場所です。

 

2 大洲防災公園



打ち上げ場所からはやや離れていますが、花火が綺麗に見える場所です。

シートなどを敷いて、のんびりと鑑賞することができます。

公園内のネットで囲われた場所の近くが、一番花火が綺麗に見えるオススメポイント!

会場周辺に比べると混雑が緩やかなので、子供連れの方にもオススメですよ~。

 

3 京葉道路下の河川敷



京葉道路下の河川敷は、打ち上げ場所からやや離れるため比較的混雑が緩やかです。

夕方頃でも場所取り可能な穴場スポットです!

有料席付近に比べると迫力は、やや劣りますが十分に楽しめますよ~。

 

4 国府台駅近くの河川敷



国府台駅からのアクセスがいいのがおすすめポイント!

河川敷に降りると鉄道橋が少し邪魔になりますが、人混みも少なく穴場です。

花火ももちろんしっかり見えますよ。

 

5 市川会場


市川会場は、メイン会場で、人混みもありますが、とにかく敷地が広いです。

座れないほど混雑する事はないので、意外と穴場なんですよね。

祭りの雰囲気を楽しみたい方におすすめです。

 

6 行徳橋近くの河川敷



会場からは距離がある河川敷ですが、混雑を避ける事ができます。

周りには花火を遮るものはないので、少し迫力は落ちますが、ゆっくり花火を見たい方におすすめです。

 

7 篠崎公園


穴場スポットとして、最近は人気が出てきたようですが、おすすめスポットの一つです。

場所取りには16時頃から行く必要がありますが、 迫力ある花火を楽しむ事ができますよ。

 

混雑状況を避けるには?

 

江戸川花火大会と共同開催される市川市民納涼花火大会は、約140万人が訪れる人気の花火大会です。

江戸川区側に比べると市川市側の人出は少ないですが、それでも約50万人が訪れます。

特にメイン会場周辺はとても混雑します。

そのため、混雑避けて鑑賞するには、やはり有料席がオススメです。

 
優良席 定員 価格
桟敷席 定員4名 18,000円
ペア席 定員2名 10,000円
イス席 定員1名 6,000円
 

有料席のチケットは以下で購入出来ます↓
  • チケットぴあ
  • セブンイレブン
  • サークルKサンクス
 

混雑は避けたいけれど、
お金を払うのはちょっと・・・という方にはサブ会場をオススメします。

穴場スポットでも紹介しましたが、サブ会場の行徳会場は、混雑を避けて花火が楽しめます。

 

メイン会場までのアクセスは、徒歩30分圏内に駅が3つあります。

 
  • JR総武線「市川駅」(徒歩15分)
  • JR総武線「本八幡駅」(徒歩30分)
  • 京成電鉄「国府台駅」(徒歩20分)
 

最寄り駅が分散しているため、駅の混雑はそれほどではありません。

市川駅、本八幡駅に比べると、国府台駅は混雑が少なめなのでオススメです。

また、市川駅を利用する方は、南口は混むので少し遠回りですが北口に利用をオススメします。

 

まとめ

 

いかかでしたか?

では、最後に市川花火大会について簡単にまとめいきたいと思います。

 

≪穴場スポット≫

1 行徳会場(市川市河原)

2 大洲防災公園

3 京葉道路下の河川敷

4 国府台駅近くの河川敷

5 市川会場

6 行徳橋近くの河川敷

7 篠崎公園

 

≪開催場所≫

江戸川河川敷

 

≪打ち上げ数≫
約14,000発

 

≪昨年の人出≫
約50万人(市川市側)

 

市川市民納涼花火大会は、観客を飽きさせない趣向を凝らした演出の花火が魅力です。

今年は市制施行記念の仕掛け花火も予定されているので、ますます楽しみですね!

市川市側は江戸川区側に比べると混雑も少なめで、河川敷に露店も多く並びます。

お祭り気分もバッチリ味わえますよ~!

 

こちらの記事もおすすめです

【花火大会を楽しむ秘訣】場所取りに欠かせない必需品7選

【雨の日の対策】花火大会に行くなら準備しておきたい物7選

【彼ウケする】花火大会デートの便利な持ち物リスト7選

【花火大会が雨でも浴衣を着たい】濡れても安心な7つの対策

花火大会におすすめな服装7選!雨でも行きたい!


Sponsored Link

Sponsored Links




こちらの記事もおすすめです

プロフィール


こんにちは!
ハワイが大好きな管理人です。

このブログでは、読んでくれた方の為になるような情報を発信していきたいと思っています。

色々な情報を載せているので、ぜひゆっくりしていってくださいね(^^)/

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ