【おすすめ100均クーラーバック】安さのデメリットを解消のコツ

Sponsored Link

= 698

蝉が鳴き始めました。
いよいよ夏本番ですね。

夏は暑いので出かける際には
クーラーバックは必須!
100均 クーラーバック 1

ちょっと出かけるだけ…とか
ワンシーズンだけでいいのに…とか。

今回はそんな人にお得な
100均クーラーバック!に
密着してみました。

デメリットもメリットに変えて
ご紹介するので参考にしてみて下さいw


Sponsored Link


クーラーバックのデメリット→メリットに!

 

という事で、クーラーバックですね!

さすがにクーラーボックスには劣る
クーラーバックですが、どんな物も
要は使いようですw

ここからは、クーラーバックのデメリットを
メリットに置き換えてみたいと思います。

ピンチはチャンスですw

★防水性に欠ける

メリット変換すると→
とにかく値段が安いので
何枚かに重ねてしまえばOK!

★外気が入るので短時間で効果が無くなる

メリットに→
保冷剤をとにかく入れれば大丈夫。

★素材と裁縫がしっかりしていない

メリットに→
壊れても100円だからすぐ買いなおせる
100均 クーラーバック 3

ワンシーズン1回くらいなら
緩い裁縫でももちます!

あまり使わないなら大丈夫。

★保冷力が心配

メリットに→
自分たちの飲む飲み物を凍らせて
保冷剤代わりにする。
100均 クーラーバック 2

保冷剤も(気持ち)沢山入れる。

などなどwと、まぁデメリットをほとんど
考え方一つでメリットに
変えてしまえる訳なんです。

では、そんな100円均一
おススメクーラーバックを紹介しましょうw

 

100均おすすめクーラーバックまとめ!

 

★ダイソー クーラーバック横型ボックス型
これは可愛い花柄のバックです。

350mlのペットボトルが
6本も入ってしまう優れもの!

またまた、ラッキーなことに裁縫が
少し緩いため自分でリメイクも可能!

銀色アルミの中敷きを入れなおしたり
氷が入るポケットを付け直したりすると
立派なクーラーバックにリメイクされちゃうんです!

同じく100円で売っている
アルミニウム製の裁縫好きなお母さんには
自分仕様に出来ちゃう嬉しい一品ですね!

また、ダイソーにはアイスバックというのもあって
2リットル・3リットル・5リットルと大きい氷を
作ることのできるアイスバックも売っています。

クーラーバックだけじゃ、ちょっと不安だな~
と思う方にアイスバックも一緒に
入れておけば問題なく使えますね!!

ちなみに、このクーラーバックに
アイスバックを入れてお出かけした場合↓

2時間凍らせたアクエリアスが
溶けずに冷えていたそうです。

恐るべし!
100均の力!

★100円ショップミーツ
100均 クーラーバック 5

クーラーバック(いろいろな種類)
ここのクーラーバックはすごい!

大・中と大きさも選べます。

そして絵やカラーもバリエーション多く
ファッションの一部にも取り入れられそうです。

★seria 100円ショップ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セリアさんのクーラーバックには
数種類の用途別クーラーバックがあるんです。

ペットボトル用ランチクーラー などなど。

クーラーバック一つに全部入れてしまって
ひとつづつ出すのめんどくさいわ~

って人にはそれぞれのクーラーバック
を分けて使うことが出来たら便利ですね!

★キャンドゥのクーラーバック

ちょっと小振りでモノトーンの保冷バックです。

ブラックとグレー
ホワイトとグレー
のドット柄です。

シンプルな上にマチが広いので
お出かけのサブバックになっちゃいます!

100円なのに生地が思った以上に厚く
しっかりしているそうです!

ちょっと小柄なので
お買い物のサブバックという
形で使うならベリーグッド!です。

 

まとめ

 

色々見てみて100円均一に比べて
ちゃんとしたクーラーバックは耐久性、
防水性、裁縫や素材が、やっぱり良い!

値段が高ければ、それに比例して
質も良くなるのは確かです。

しかし、ワンシーズンだけ…
ちょっとしたお出かけに…

そういう、簡単なお出かけには
100均のクーラーバックでも
大丈夫なわけです???

いつもキンキンに冷えていても
素敵だけど飲み物を凍らしすぎて
飲みたいときにまだ、溶けてない(涙)

ってこと、ありませんか?

100均ならちょうどいい冷たさで
ちょうどな値段で提供できちゃうのが良い所!

素材や質が気になる方は
自分で加えたりするのも
ありかもしれませんね!

関連記事:
セブンイレブン クールタオルの効果や使い方は?独自にまとめてみた!


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ