【新潟まつり】花火大会の穴場な場所を地図付きで紹介

Sponsored Link

= 723

新潟の夏を彩る一大イベント
「新潟まつり」
新潟 花火大会 1

そんな新潟まつりでは
趣向を凝らした花火が
3日連続で打ち上げられます。

ナイアガラ大瀑布や
音楽付きの花火ショーなど
華やかで幻想的な花火が楽しめます。

一番の見どころは、なんといっても
8本の大スターマインを一気に打ち上げる
「エボリューション(進化)」です!

こちらがその進化した花火↓

「新潟花火大会見どころ!エボリューション花火」

盛大なお祭りのフィナーレを
飾るのに相応しい圧巻の迫力と美しさです。

今回はそんな新潟花火大会の日程や
見どころ、穴場スポットをご紹介します。

 

こちらもおすすめ↓
【雨の日もOK】花火大会に行くなら準備しておきたい物7選

 




Sponsored Link


日程や場所について

 

新潟まつりは毎年8月上旬の
金、土、日曜日に開催されています。

開催期間中は3日連続で
花火を楽しむことが出来ます。

1日目は20:50~20:55まで
祭りの始まりを告げる
オープニングスターマイン。

2日目は19:45~20:30まで
音楽に合わせた花火ショー。

3日目は19:15~20:30まで
祭りのフィナーレを飾る豪華絢爛な花火。

それぞれ違った魅力の花火を
楽しむことが出来ますね。

1日目、2日目は萬代橋~八千代橋までの間
萬代橋会場で開催されます。



 

3日目は昭和大橋西詰の
りゅーとぴあ会場で開催されます。



 

打ち上げ数は公表されていませんが、
合わせて約12,000発程度と言われています。

昨年は約80万人(最終日49万人)の
人出で賑わいました。

全国的な知名度は低いですが、
なかなかの規模を誇る花火大会ですね。

 

穴場スポットまとめ

 

新潟まつり最終日の花火大会では
迫力満点の花火を目の前で楽しめる
有料席が用意されています。

ただ、打ち上げ場所である
信濃川の川岸は緩やかな堤防になっており、
広くて見晴らしも良いです。

そのため、有料席以外でも
十分に花火を楽しむことが出来ます。

では、無料で花火を楽しめる
穴場スポットをご紹介します。

 

・万代側のやすらぎ堤
やすらぎ堤は縦に長い堤防で
観覧場所がたくさんあるため、
比較的場所取りが簡単です。

打ち上げ場所に近いため、
迫力満点の花火を楽しむことが出来ます。

万代側のやすらぎ堤から見ると、
花火が川面に映えて綺麗に見えますよ~。

昭和大橋付近は混雑するので
そこを避けて行きましょう。

 

・八千代橋付近



 

八千代橋付近は打ち上げ場所から
やや離れるため、会場周辺に比べると
混雑が緩やかです。

会場から徒歩10分ちょっとの距離ですね。

花火は小さくなりますが
目の前に視界を遮るものがないため
綺麗に見えます。

花火開始ギリギリでも
場所取り可能な穴場スポットです。

 

・県庁裏の道路



 

県庁裏の道路は通行止めになっており、
そこから花火を楽しむことができます。

打ち上げ場所から離れるため
混雑は少なめです。

迫力はありませんが、
十分に花火を堪能出来ます。

ナイアガラ大瀑布や
ラストのエボリューションも
遠目からですが楽しめますよ~。

 

まとめ

 

では、新潟花火大会について
簡単にまとめてみます。

≪開催場所≫
・1日目、2日目:萬代橋会場
・3日目:りゅーとぴあ会場

≪打ち上げ数≫
・非公表(約12,000発)

≪昨年の人出≫
・約80万円(最終日49万人)

≪穴場スポット≫
・万代側のやすらぎ堤
・八千代橋付近
・県庁裏の道路

いかがでしたか?
新潟まつりは住吉祭、商工祭、川開き、
開港記念祭という歴史ある4つのお祭りが
1つになってスタートしました。

お祭りの規模も花火大会の規模も
大きいですが、知名度はそれほど
高くないようです。

花火大会としても穴場な大会ですよw

フィナーレを飾るエボリューションは、
瞬きを忘れるほどの美しさで
毎年、多くの観客を魅了しています。

圧巻のエボリューションを
ぜひ一度、体験してみて下さいね。


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ