【片貝花火大会の穴場スポット地図付き】駐車場や混雑状況は?

Sponsored Link

江戸時代から400年続く
伝統的な「片貝まつり」では、
世界最大の4尺玉が打ち上げられます。
片貝 花火大会 1

見どころはなんといっても
惜しげもなく繰り広げられる
大迫力の花火と破裂音!

片貝花火大会は2日間に渡って開催され
約15,000発の花火が打ち上げられますが、
なんとその7~8割が尺玉です。

また打ち上げ場所のすぐ後ろが
屏風状の小高い山になっているので
音が反射して破裂音が響き渡ります。

ド迫力の片貝花火大会はこちら↓

「迫力満点!片貝花火大会!」

また、日本唯一となる
昼間の3尺玉の打ち上げなど
一味違った花火が楽しめますよ~。

今回はそんな片貝花火大会の
穴場スポットや駐車場、
混雑状況をお届けします。

スポンサード リンク


穴場スポットまとめ

 

片貝まつりの花火は片貝町にある
浅原神社の裏手より打ち上げられます。
片貝 花火大会 2

浅原神社内には花火を間近で楽しめる
有料の桟敷席が設けられていますが、
町民優先なので予約は難しいようです。

ただ、無料で花火を楽しめる場所も
たくさんあるので安心ですよ~。

では、片貝花火大会の
穴場スポットをご紹介します。

 

・片貝小学校グラウンド(小千谷市片貝町8643)



 

片貝小学校のグランドは
無料の観覧場所になっています。

会場の浅原神社からは
徒歩5分ほどの距離。

打ち上げ場所の浅原神社から近く、
放送設備もあるので
臨場感たっぷりの花火を楽しめます。

シートやイスを持参して、
ゆっくりと座って花火を楽しめる
穴場スポットですよ~。

校舎よりの場所を確保すると
名物のアナウンスがよく聞こえます。

 

・越後製菓の片貝工場(小千谷市片貝町1980)



 

高橋英樹さんのCMでお馴染みの
越後製菓の片貝工場です。

会場の浅原神社までの距離は
車で約10分くらいです。

 

※現在は有料駐車場のみ利用可能です

 

車を利用する方にオススメの
穴場スポットです!

1日2,000円の有料駐車場ですが、
工場の屋上を開放してくれているので
そこから花火を楽しめます。

打ち上げ場所からやや離れていますが、
真正面に花火が見えてとても綺麗です。

 

・関越自動車道の山谷PA
(小千谷市大字山谷字城之腰)
片貝 花火大会 3
関越自動車道の山谷PAからも
花火を鑑賞することが出来ます。

片貝まつりはほとんどの人が車で訪れる為、
片貝町をはじめ周辺は大渋滞です。

なので、出遅れてしまった人は
会場周辺には無理に近付かずに、
離れた場所からの鑑賞をオススメします。

山谷PAはかなり距離が
離れているので迫力はありませんが、
4尺玉もしっかり見ることが出来ます。

 

混雑状況を避けるには?

 

片貝まつりの花火は
浅原神社へ奉納する花火で、
地元町民のために行われています。

しかし、4尺玉の打ち上げなどが
全国的に注目を浴び、
多くの観光客が訪れるようになりました。

片貝町は人口約4000人の小さな町ですが、
昨年は開催2日間で約20万人が訪れました。

そのため、当日はとても混雑し、
周辺道路も大渋滞です。

混雑を避けて花火を鑑賞するには
やはり有料席が一番です。
片貝 花火大会 4

事前予約の必要な桟敷席は
町民優先なので購入が難しいですが、

当日券も発売される予定です。

1席3,000円とそれほど高くないので、
ゆっくりと花火を鑑賞したい方は
当日券の購入をオススメします。

当日券は浅原神社右手の
桟敷席中央入口で販売される予定。

13時より発売開始し、早いも勝ちですw
当日券狙うなら朝から動き出しましょう!

 

【駐車場】停めやすい場所や時間帯は?

 

片貝まつりの会場周辺には駅がないため、
ほとんどの方が車で訪れます。

そのため、周辺には

 
  • 無料駐車場:約810台
  • 有料駐車場:約390台
 

用意されています。

≪無料駐車場≫

 
  • 片貝バイパス片側(約700台)
  • 市道高見五之町線(約60台)
  • 片貝スポーツセンター(約50台)
 

≪有料駐車場≫

 
  • 煙火協会駐車場(約60台)
  • 越後製菓㈱片貝西工場(約40台)
  • 越後製菓㈱片貝工場(約100台)
  • 浅田精機(約100台)
  • ㈱フーゲツ(約30台)
  • JA片貝車両センター(約10台)
  • 共栄農工社(約50台)
 

また、シャトルバス利用者の駐車場も
1,300台ほど用意されています。

≪シャトルバス駐車場≫

 
  • イオン小千谷店(約300台)
  • 小千谷市総合体育館(約300台)
  • 小千谷市白山球場(約400台)
  • 第一測範製作所(約200台)
  • 造成地(約100台)
 

シャトルバスはイオン小千谷店から
それぞれの駐車場周辺を回り、
花火大会の会場付近まで運行します。

シャトルバスの利用料金は
片道300円(子供150円)です。

 

・オススメの駐車場は↓

 

・イオン小千谷店



会場までの距離は車で15分程度です。

 

・小千谷市総合体育館



こちらも会場からの距離は
車で約15分くらいにあります。

この2つの駐車場は、
周辺道路が分散しているため、
他の場所より渋滞が少なめです。

 

まとめ

 

では最後に、片貝花火大会について
簡単にまとめてみます。

 

 

≪開催場所≫
・浅原神社

≪打ち上げ数≫
・約15,000発(2日間)

≪昨年の人出≫
・約20万人(2日間)

≪穴場スポット≫
  • 片貝小学校のグラウンド
  • 越後製菓の片貝工場
  • 関越自動車道の山谷PA
 

いかがでしたか?

片貝まつりの花火は
町民の方々の思い入れがすごく強い
とても素敵な花火大会です。

華やかさや美しさよりは
花火の迫力や臨場感を楽しむ!
という感じですね。

片貝町内には屋台もたくさん出るので
お祭り気分も味わえますよ~。



Sponsored Link


関連記事

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。