【木更津花火大会】場所取りが出来る穴場スポット地図付き

Sponsored Link

千葉県内で行われる花火大会の中でも、
「木更津港まつり」のフィナーレでもあり、
風情が味わえると評判の木更津花火大会。
木更津 花火 大会 1

木更津港まつりは、例年8月14、15日
行われ、1日目はやっさいもっさい踊り大会、
2日目のメインイベントが花火大会となります。

 

例年8000発以上が打ち上げられ、
尺玉の大連発や、関東最大級といわれる、
超特大スターマインが見ものです。

 

スターマインというのは、連射連発花火で、
いくつもの花火を組み合わせ、高速で次々と
打ち上げて1つのテーマを描くものですね。

 

東京湾アクアラインを渡ってすぐの、
木更津港中の島大橋付近で打ち上げるので、
「海ほたる」から眺められるのも魅力です。

 

打ち上げ場所は、JR内房線木更津駅から
徒歩10分と割と近く、交通規制もかかるので、
電車の利用をおすすめします。

 

もし車を利用する場合は、木更津駅の隣り
君津駅周辺の駐車場に車を止めてから、
電車で木更津に戻る方が良いでしょう。

 

例年11万人ほどの人出があることから、
会場やその周辺は、毎年混雑するので、
花火を見る場所選びもポイントになります。

 

こちらは、その木更津花火大会の様子です↓

「木更津花火大会!フィナーレ!」

そこで、今年も行われる木更津花火大会の
場所取りができる穴場スポットについて、
ご紹介しますね。

 

こちらもおすすめ↓
【雨の日もOK】花火大会に行くなら準備しておきたい物7選



スポンサード リンク


場所取りができる穴場スポット

 

毎年、木更津花火大会では、
内港公園(出島)内に有料観覧席が設置され、
ゆったりと贅沢に見ることもできます。

でも、お金をかけずに、混雑も避けられる、
穴場スポットも周辺にいくつもあるんですよ。

場所取りができる穴場スポットとしては、

 

・吾妻公園



花火打ち上げ会場から500mほどの
距離にある吾妻神社そばの公園です。

花火の臨場感を楽しむのには、
おすすめの穴場スポットです。

 

・太田山公園



木更津駅から徒歩25分くらいの距離です。

打ち上げ場所から2kmほど離れた公園で、
木更津市街地や東京湾が一望でき、
夜景スポットとしても有名な場所ですね。

無料の展望台もあるので、夜景とともに、
花火をのんびり見られますよ。

 

・袖ヶ浦海浜公園



最寄り駅は袖ヶ浦駅で、
花火会場からは約8㎞程離れています。

東京湾が一望できる
展望塔がある公園ですね。

打ち上げ場所からは、やや離れていますが、
そのおかげで人出も割と少なめなので、
ゆったりと花火が見られる場所です。

 

 

まとめ

 

場所取りができる穴場スポットまとめ!

 

・吾妻公園
打ち上げ場所に近い、
吾妻神社そばの公園。

花火の臨場感を楽しむのにおすすめ。

 

・太田山公園
打ち上げ場所から2kmほど離れた公園。

夜景スポットとしても有名な場所。
無料の展望台でのんびり見られる。

 

・袖ヶ浦海浜公園
東京湾が一望できる展望塔がある公園。

打ち上げ場所からやや離れ、
人出も少なめ。

ゆったりと花火が見られる。

 

Sponsored Link