お歳暮贈る時期やお礼状のマナーまとめ!

Sponsored Link

夏はお中元、冬はお歳暮…と日本では贈答文化がありますね。

お歳暮を贈る時期はいつごろなのでしょうか?

お礼状のマナーはありますか?

 

今回は「お歳暮」についての記事です。

 

 

お歳暮を贈る時期は?

 

お歳暮を贈る時期はいつ頃なのでしょうか。

 

季節のあいさつなので、
贈るタイミングをはずさないようにしたいものです。

 

正式には「事始めの日」という、
お正月をお祝いする準備を始める
12月13日から12月20日までに贈るものでした。

 

現在では11月末頃から贈られる方も多いようです。

 

また、

関東では12月初旬から12月31日

関西では12月13日から12月31日

とされていますが、

暮れも押しせまった忙しい時期に届いても迷惑なので、
できれば20日くらいまでが無難のようです。

 

お正月用の生鮮食料品を贈る場合は、
反対に遅めの方が親切ですよね。

 

贈りたいものにも寄りますね。

 

贈る際のお礼状、マナーは?


お中元やお歳暮などの贈り物は本来なら相手のところに持参し、
日頃の感謝の気持ちを言葉で述べて差し上げるものなのです。

 

最近では、デパートなどから配送するケースが
一般的になってきています。

 

お歳暮 時期2

 

そんな場合に、お礼状はどうすればいいか
少し不安になりますよね。

 

お礼状は、相手の心遣いへの感謝の気持ちを表すものなので、
それ以外のことはあまりかかないようしましょう。

 

お歳暮 時期3

 

親しい人に出すお礼状は、
お歳暮を受け取って感じた事や、
喜びの気持ちを具体的に書くことが大事です。

 

「拝啓」「敬具」などの用語や型にはまった
前文のあいさつは必要ありません。

 

また、お礼状に対するお礼の必要はありません。

 

電話をかけられるような親しい間柄であれば、
電話でもかまいませんが、その場合は、
「お電話では失礼かと思いましたが…」「お声が聞きたくて…」など、
一言添えることを忘れないようにしましょう。

 

 

[icon image=”finger1-bk”]断る時ややめる時はお礼状に、
「…このようなものをいただいてしまい、心苦しく思っております。
今後はこのようなお心づかいは無用にしてください」
というような趣旨のことを書いて、気持ちを伝えるようにします。

 

また、このような内容のお礼状と一緒に、
同じぐらいかそれ以上の品を返すというやり方が
お互い失礼にならないかと思います。

 

地域によって違うの?関東・関西・九州

 

お歳暮は地域によってなにか違ったりするのでしょうか?

 

 

関東と関西では贈る時期に違いがあり、

関東では12月初旬から12月31日の大晦日までに対して、

関西では12月13日から12月31日

 

と一般的な時期となっているようです。

 

また九州も少し遅いようですが、年々早まっているようです。

 

 

あまり年末過ぎても相手方も何かと忙しい時期です。

迷惑となってしまうため、早めのタイミングが適したマナーといえます。

 

お歳暮 時期4

 

関東ではちょっと時期が早いです。

 

転勤などで関西から関東へ引越しされた方は
特にお気を付け下さい。

 

年末になってお歳暮を贈るのはちょっと遅いので、
お歳暮を出すのが遅れた場合は、
いっそ年が明けてから新年のお祝いとして
贈ったほうが良いと個人的には思います。

 

 

また、お中元・お歳暮のマナーに関して、
現在はそれほど厳しく言う方はいらっしゃらないと思いますが、
基本的にお中元を出した相手にはお歳暮も贈るものだとされています。

 

早めに申し込むと割引率が高いことが多いので、
お歳暮を贈る予定のある方はお早目に申し込みするとおトクです。

Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ