おせち料理の意味とは?由来について!

Sponsored Link

突然ですが、おせちの意味を知っていますか?
おせち料理の由来ってなんでしょうか?

 

おせち1

 

お正月に何気なく食べているお家のおせち料理は
実はあなたのお家だけのものかもしれません。

 

地域別のおせちについても紹介します。

 

今回は「おせち」です。

 

おせちの意味とは?

 
おせちの意味とはなんでしょうか?

 

 

おせち料理とは、正月に食べるお祝いの料理です。

 

 

「おせち」とは本来、
暦上の節句のことを指します。

 

 

[icon image=”point-b-r”]
その際に食べる料理をおせち料理と呼んだため、

現在では節句の一番目にあたる
正月の料理を表す言葉として使われています。

 

 

おせち料理は”めでたさを重ねる”
という意味で縁起をかつぎ、重箱に詰めて出されます。

 

 

地方や家庭ごとにお重の中身は様々のようです。

 

おせち料理の由来って?

 

おせち料理の由来とはなんでしょうか?

 

 

おせちとはお節供(おせちく)の略で、
年の始めにその年の豊作を祈って食べる料理や
武家の祝い膳、新年を祝う庶民の料理など
混ざり合って出来たものです。

 

 

さらに正月三が日は主婦を家事から
解放するという意味を含め、
保存の効く食材が中心のものになったといわれています。

 

 

またお正月に火を使うことをできるだけ避ける、
という物忌みの意味も含んでいるそうです。

 

 

おせち料理は五節句の料理の1つで、
平安時代に宮中で行われていた
「お節供」の行事に由来しています。

 

 

[icon image=”point-b-r”]
お節供とは節日に神にお供えをし、

宴を開く宮中行事です。

 

 

江戸時代後期に江戸の庶民が
この宮中行事を生活に取り入れ始めたのをきっかけに、
全国的におせち料理の風習が広まりました。

 

 

やがて節句の一番目にあたる正月にふるまわれる
ご馳走だけが「おせち料理」と呼ばれるようになりました。

 

 

最近ではデパートやスーパーをはじめ
インターネットの通信販売などでも購入できます。

 

 

しかしその反面、昔からの風習を大切にし
手作りにこだわる家庭も多く、
今もなお、おせち料理は日本の文化に根付いた
伝統的な食文化として受け継がれているようですね。

 

地域別おせち

 
さて、日本に伝わる文化である「おせち」ですが、
それぞれの地域で、また違ったお料理もたくさんあるようです。

 

 

小さい頃から毎年見ていたおせちも、
実はご自分の地域だけのものだった…

なんてこともけっこうあるのではないでしょうか。

 

 

面白いもので、大分県の「フグ刺し」や
兵庫県の「冷たい八宝菜」長崎の「クジラ」
長野の「長いもようかん」茨城の「フナ」
北海道の「氷頭なます」など、
日本各地に珍しいおせちのお料理がたくさんあるようです。

 

おせち5

 

結婚して嫁いだ先が、全く違うお料理でびっくりした…

なんてエピソードも女性ならよく聞きますよね。

 

 

土地のおせちや正月料理は、
結婚式や祭りなど、
ハレの日の食卓にも並ぶごちそうで、
その土地の生活の中で長年に渡って受け継がれてきたものです。

 

 

地域の特産物を保存食として加工した
先人の知恵は継承され、
現在でも、祝いの席には欠かせません。

 

 

地域によっては、
重箱に入れずに大皿におせちを盛るところや、
正月にその土地の祝い料理を中心に食べるところもあるようです。

 

 

 各地の例を挙げると、

北海道では、特産物を使った「昆布巻にしん」や、
旬の魚を酢でしめた「いずし」など、豊富な魚介類で正月を祝っています。

 

おせち4

 

宮城県では「浸し豆」や「きんぴらごぼう」の他に、
「なめたがれいの煮付」や「焼きはぜの雑煮」も正月には欠かせません。

 

 石川県では、「えびす」という寒天で
溶き玉子を固めたものも有名ですが、
一般的には城下町文化の影響を色濃く受けた、
華やかな正月料理が食されているようです。

 

島根県の煮しめでは、山菜などを煮て、
すのこにあげる「煮あげもの」があります。
また、「きんかんの甘煮」もあり、
古来より栄養バランスの良い組み合わせを考慮していたことが伺えますね。

 

この他、西日本では、「たたきごぼう」がおせちの定番となっているそうです。

 

おせち6

 

福岡県の煮しめは、鶏肉や野菜を炒めてから煮る
「がめ煮」で、筑前煮とも呼ばれています。

 

おせち3

 

沖縄県では、新年の祝いの席に「カステラかまぼこ」
「豚肉のごぼう巻」、「田いものからあげ」などの琉球料理が並びます。

 

 

 

このように、全国にはたくさんのおせち・正月料理がありますが、
地域の伝統食は、自身のルーツを再確認するきっかけにもなります。

 

 

お母さんやお姑さんから教わった正月の味を、
一度見直してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 また、子ども達にも、親子で一緒に
正月を迎える準備をしながら、
お住まいの地域の正月のしきたりやならわし、
縁起物であるおせち料理のいわれなど、話して教えていきたいですね。

 

 

時代が変わっても、家族が揃って迎える正月は、
伝え継がれて欲しいものだと思います。

Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ