春のカラースリッポンにおすすめなトータルコーデまとめ!

Sponsored Link


今年の春も「スリッポン」が流行しそうな
予感です!春といえば「白」が主流ですが…
カラーのスリッポンも欲しくないですか??

 

お店を覗いてみてください♪
春にピッタリの鮮やかで可愛いカラーが
たくさん並んでいますよ♪

 

カラースリッポンで失敗しないためには
全身の色のバランスが重要です!

 

それから、相性の良い色の組み合わせを
知っておくと他のコーデにもとっても
役に立ちますよ♪

 

シチュエーション別にカラースリッポンの
トータルコーデをご紹介します♪

 

スポンサード リンク

春のカラースリッポンにおすすめなトータルコーデまとめ!

 

フューシャピンクのスリッポン春コーデ♪

春のカラースリッポン トータルコーデ 1
引用元 http://www.pal-blog.jp/data/original/0/37/12c82e82bca3373d87b7a87291d5d38b575d92ed.jpg?1390451014

 

休日にお友達とショッピングなんかにおすすめ♪
きれいなフューシャピンクなら
注目を浴びること間違いなし!(*ノωノ)

 

トップスにボーダーの異素材カットソー。
白を基調にして春らしさを出しています♪
ボトムは膝丈のタイトスカートで!

 

白×ネイビーでマリン調にまとめましょう!
そこにフューシャピンクのスリッポンが
コーデのアクセントになっています!

 

ブルーのスリッポン春コーデ♪

春のカラースリッポン トータルコーデ 2
引用元   http://i7.wimg.jp/coordinate/qul9y5/20141222182547516/20141222182547516_500.jpg

 

美術館や映画館へ行く時、
大人可愛くまとめたいなら
モノトーンコーデはいかがでしょうか?

 

シックな印象のモノトーンコーデですが、
鮮やかなブルーのスリッポンで外して
ちょいカジュアルに着こなしましょう♪

 

黒のタイツとブルーのスリッポンの間に
この靴下の白を挟むことで、
ブルーをよりきれいに見せています♪

 

アクセサリーも徹底してモノトーン!
長い3連パールネックレスは
とっても使いやすいアイテムです♪

 

コーデに合わせてアップやまとめ髪にすると
バランスがいいですね。
知的美人を目指しちゃいましょう(*´▽`*)

 

マスタードのスリッポン春コーデ♪

春のカラースリッポン トータルコーデ 3
引用元 http://img08.magaseek.com/images/item/20131010/001053627031.jpg?sr.dw=950

 

春のアウトドアに出かけるなら…
パーカー×デニムのカジュアルコーデが
おすすめです!(*^▽^*)

 

ナチュラルなマスタードカラーは
コーデのアクセントになるだけでなく
それだけで春らしさを演出してくれます♪

 

でも、パーカー×デニムといったら
かなりありきたりですよね?

 

いつもと同じになってしまうじゃないか…
と不安に思ったあなた!

 

この鉄板コーデを今年らしくするには
いくつかポイントがあります!

 

・春ニット帽で元気よく!
・トップスにカラフルなシャツをちょい見せ!
・ボーイフレンドデニムで裾をロールアップ!

 

この3点を抑えれば今年らしさを出しながら、
カラースリッポンコーデを楽しむことが
できますよ♪!(^^)!

 

まとめ

 

スリッポンが人気の理由には
「カラーが豊富である」という点があげられます!
その分選ぶ楽しさがありますよね♪

 

カラーのスリッポンは存在感バツグンで
個性を出すことができる魅力的なアイテムです!

 

だからこそトータルのカラーバランスを考えて
コーディネートすることが大切です!

 

カラースリッポンの春コーデを
失敗させないポイントをおさらいしましょう♪

 

・トップスとボトムのカラーをまとめる。
 例) 初心者はマリンテイストやモノトーンコーデ
 のように、2色までに抑えるとGOODです!

 

・スリッポンは素足、もしくは白の靴下を
 合わせてスリッポンのカラーを引き立てよう!

 

・春らしい爽やかな着こなしを心がけて!

 

以上の点を抑えてコーデしてみましょう。
是非自分だけのカラーを見つけて
春コーデを楽しんでくださいね(*´▽`*)♪

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
春のスリッポンコーデに合わせたいパンツまとめ!
春の白スリッポンコーデで大人可愛い着こなしまとめ!
春の白スリッポンコーデでカジュアル着こなしまとめ!

Sponsored Link