偏頭痛に効く3つの市販薬と効果的な治し方をまとめてみました

Sponsored Link

= 1084

偏頭痛に効く薬、効果的な治し方を厳選してみました。

偏頭痛は、できるだけ早く治したいものです。

仕事中やプライベートで、当然くる【ガンガン】【ズキズキ】【ジンジン】しんどくて、何も手につきませんよね。

また、確実な治療法が確立していないのが現状ですが、今回は本当に偏頭痛に効く方法のみをリサーチしてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

 




Sponsored Link


脈打つ偏頭痛に効く市販薬

 

偏頭痛持ちの方には、正直な話、市販薬があまり効かないパターンが多いです。

ですが、その中でも私が効いたものを少し紹介したいと思います。

 

ズツノンDr.

 

偏頭痛 1

 

偏頭痛は【ガンガン】【ズキズキ】が突然起こり、長く続いてとてもつらいです。

私もそれなりの偏頭痛持ちですが、とにかく偏頭痛が起こると何も手につきません。。

私が偏頭痛の薬に求めるものは、【もう繰り返さない頭痛薬】です。

一時的に押さえる事も大事だけど、それ以上にもう偏頭痛を繰り返したくない!そんな事を思ってきました。

ただそんなものは、なかなかないのが現実。。

あきらめかけていましたが、それを実現したのが【ズツノンDr.】と呼ばれる偏頭痛解消サプリです。

サプリという事で、薬ではないかとも思いますが、いわゆる漢方薬と西洋ハーブをミックスした新しい偏頭痛に特化した薬だと私は思っています。

 

このサプリは、偏頭痛の原因となる

【ストレス】

【疲労】

【タバコによる偏頭痛】

【飲酒による偏頭痛】

【体リズムの乱れ(女性特有)】

に直接働きかける成分を11種類も含んでいます。

 

さらに偏頭痛を引き起こす血管の拡張ミトコンドリア機能低下を正常化する

・マグネシウム

・ビタミンB2

・大麦発酵GABA

も含まれています。

 

長期的に偏頭痛を治したいなら、まずは第一選択でおすすめな市販薬です

長く効果を実感できる【ズツノンDr.】

 

EVE QUICK頭痛薬

頭痛3
いわずとしれた市販薬ですね。

さきほどの【ズツノンDr.】は長期的な効果とある程度の即効性を兼ね備えていましたが、こちらはまさしく【クイック】速さでは一番でしょう!

使用感としては、

頭痛持ちの私にとっては必需品でした。頭痛がし始めたら早めに、飲むようにし「クイック」とだけあって早く効いた感じがします。

イブクイックは、即効性があり他の偏頭痛持ちの方も持ち運んでいる方も多いみたいですね。

ただ一時的なので、緊急性の時用に手元に持っておく程度にしています。

 

ロキソニンS

Exif_JPEG_PICTURE
ロキソニンは、痛み全般に効く市販薬です。

凡庸性の高さから多くの痛みに悩む方に好まれていて、私も選択肢の一つとしていつも自宅にはおいております。

ただそれは、偏頭痛だけでなく、解熱やのどの痛みなどほかの用途でも使用するためです。

使用感としては、

イブクイックと同様に即効性はあります。

痛みが消えるだけでなく、眠くなる等の副作用が出ないのも安心。

ですが、使用が4時間ごとなので飲むタイミングが大事になってきます。

薬は基本的に早く効果が切れてもすぐに次の服用が出来ないのがネックです。

 

病院処方のおすすめ頭痛薬

 

偏頭痛がひどければ、病院を受診しますが、病院の処方箋は市販薬より少し効果が強い印象です。

その中でも効果があるな~と思ったものを少し紹介したいと思います。

 

イミグラン点鼻薬


頭痛5


効果はあります。

頭蓋内外の血管拡張を抑えつつ、頭痛で起こった頭周囲の炎症を解消します。

偏頭痛の原因と症状を一度に解消する優れものです。

ただ、もちろん効果が強いため、その使用する量や副作用には十分な注意が必要になります。

また内臓系の既往歴があれば医師との相談も必要になります。

リスクを把握して使用するならおすすめ出来る病院処方の薬です。

使用感としては、


とにかく即効性に効きます。点鼻薬なので、飲み薬より早く効いてくる感じ。

あと、点鼻薬なので持ち運びしやすいです。

ただこれも予防や継続といった観点からみると、一時的。

効果が早いがその場を繋ぐものと考えておいてください。

 

ボルタレン


頭痛6


痛み止めにはいくつか種類があり、効果が強い順に、

・ボルタレン

・ロキソニン

・カロナール

とあります。

子供の解熱剤とかならば、よくカロナールがでますね。

大人ならロキソニンでしょうか?つまりボルタレンはその上。ロキソニンより痛み止めが強く効く処方箋です。

使用感としては、


さきほども言ったようにロキソニンより少し強めの薬です。

頭痛だけでなく、ロキソニンが効かない時や、もう少し痛み止めを強めたい時に処方される痛み止めの薬です。

ただ、飲み過ぎると効き目が落ちてくる事もあるそうなので、気をつけて飲む必要があります。

痛いからってどんどん飲めないのが難点ですね。

 

偏頭痛に効果のある食べ物

 

最初にあげましたが、私は【継続した偏頭痛のない生活】がしたいので、食事からも気を付けています。

確認しておきたいのが、偏頭痛の方約半数以上が「マグネシウム不足」という事です。

マグネシウムは、

・血管

・筋肉

・神経

など体全体の、緊張と弛緩のバランスを保つ働きがあります。なので、マグネシウム不足になるとバランスが崩れ偏頭痛を引き起こします。

普段からマグネシウムを含む食べ物を摂取して、血管、筋肉、神経のバランスを整えておく事が重要かと思います。

 

マグネシウムを多く含む食品としては、

・緑黄色野菜

・ナッツ類

・レバー

などがあります。これらの食品も積極的に食べていきましょう。

野菜は偏頭痛に関係なく頭痛にいいものですが、意外とナッツやレバー系もマグネシウムが豊富でおすすめです。

私のおすすめは、アーモンド枝豆ですね。食べやすい!ただビールが欲しくなるのが難点。

レバーなら牛レバーがおすすめ!豚・牛・鶏の順に圧倒的にビタミンB2が多いです。

ビタミンB2は【偏頭痛の発生頻度】を抑えるのでぜひとも取っておきたい食材。

私は、レバニラ炒めが好きなのでよく食べています。

偏頭痛 1
 

ですが正直、毎日は食べられないので、そこは【ネーチャーメイドサプリ】【スムージー】を併用です。

献立は基本、立ててないですが、この2つを生活に取りいれつつ、普段の食事も少し意識するだけでかなり摂取できます。

 

偏頭痛を起こすNG食材

 

逆に偏頭痛を引き起こしやすい食品もあります。

偏頭痛を引き起こす代表的なものとしては、

・赤ワイン

・チーズ

・チョコレート

がなどあります。

赤ワインのおつまみにチーズという人も多いかと思います。

赤ワインのポリフェノールは、血管を拡張してしまう効果があるので、偏頭痛持ちにはNGです。

またチーズやチョコもNGです。チーズやチョコに含まれる【チラミン】という成分は、血圧を上昇させるので、偏頭痛を悪化させてしまいます。

ワインにチーズ、、この組み合わせは偏頭痛の原因の最悪のコンビです。偏頭痛持ちの方は控えたほうが賢明です。

 

でも、お酒は飲みたい!

という方は、合わせるおつまみを工夫するといいですね。

・レバー(牛レバー)

・豆類(枝豆)

・小麦

・卵

を使ったメニューなら体のバランスを整える、

・カルシウム

・マグネシウム

が入っているので、すこしは安心です。

でも、お酒の種類として、ワインはダメですよ!ポリフェノールが入ったお酒や食品は、やはり取らない事にこした事はありません。

 

ただ正直、そんなお酒を飲むときに【いちいち気にしてられない!めんどくさい!】というの分かります。

そんな時には、最初にご紹介した【内科医が開発した!頭痛サプリ】がおすすめです。頭痛に効くマグネシウムやビタミンB2、GABAが配合されているので、いちいちつまみを気にしなくてもいいです。

どうしても避けられない飲み会なんかは【Dr.推奨の偏頭痛に特化したサプリ】でしのぎましょう↓↓


 

偏頭痛になったらすぐに飲みたい飲み物

 

最後に偏頭痛に効く飲み物のご紹介です。

偏頭痛になると、【とりあえず】何とかしたい!ですよね。

そこで、とりあえず試して頂きたいのが「コーヒー」です。
頭痛2

コーヒーに含まれるカフェインは、偏頭痛の原因に効きます!

偏頭痛の原因である血管が拡張して神経を圧迫】を解消してくれます。簡単にいうと血管の収縮作用があるんですね。

ですので、とりあえずコーヒーを飲んでみてください!

効果的な飲み方は、一日2杯程度らしいです。まず、1杯飲んで落ち着いたら、もう1杯飲んでみてください。

なぜ、2杯かというと一日のカフェインの適量に相当するらしいからのようです。

 

まとめ

 

食べものに関しては慣れるまで、なかなか即効性は薄いかもしれません。

しかし、少しずつ食生活を改善していくことで体のバランスが改善され、偏頭痛の頻度が減少してきます。

それに合わせて薬を使用する機会が減れば体に優しいですね。

ただ継続して偏頭痛を治していくなら【ズツノンDr.】おすすめです。

 

いかかでしたか?

頭痛の対処法もさまざまですね。ぜひ参考にして頂ければと思います。


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ