大学生ファション!着太りしないコート着こなしのコツ!

Sponsored Link

= 6

大学生にお勧め♪
着太りしない冬のファッションを紹介します。

 

インナーを着込んでも着太りして見えない
コーディネートのポイントやコートの選び方
をお勧めコーデ3選でまとめました。

 

レディ、カジュアル、ガーリーなど
スタイル別にまとめているので
あなたに合ったスタイルが見つかるはず♪

 

冬のコーデは防寒対策と同時に
すっきりと見える着こなしでおしゃれに
まとめましょう。

スポンサード リンク



大学生ファション!着太りしないコート着こなしのコツ!

 

コートはダークカラーを選ぶとすっきりまとまる

1.コートはダークカラーを選ぶとすっきりまとまる
引用元;http://matome.naver.jp/odai/2141561491507239401/2141566035338843703

 

着太りしないコート選びのポイントは
引き締め効果のあるダークカラーを
選ぶことが基本!

 

白やベージュは可愛くて優しい印象だけど
膨張色なのでややふっくらした印象に
見えます。

 

また、生地の厚いコートを選べば暖かいので
中に着るアイテムを軽くできるから
着やせ効果につながりますね。

 

コートのシルエットはすっきりした
ストレートラインがお勧めです。

 

シャープなラインが着太りで起こる
モタモタした感じを軽減してくれます!

 

チェスターコートやノーカラーコートなど
シンプルなデザインのものを選べば着太り
することもなくすっきりと着こなせます。

 

ポイント
・コートはダークカラーで引き締める
・生地の厚いコートでインナーを軽めにする
・シンプルなデザインのコートが着やせ効果あり
 

ダウンコートは気持ち短めですっきり着こなす

2.ダウンコートは気持ち短めですっきり着こなす
引用元;http://matome.naver.jp/odai/2138831155474843101/2138833191097820403

 

ダウンコートを着太りせずに着こなすには
お尻が隠れるくらいの丈がお勧め。

 

ダウンコートはボリュームがあるので
膝くらいまであるロング丈だと
どうしてももったりした印象に。

 

お尻丈のダウンコートにはスキニーパンツや
スカートなら

 

ミニ丈にタイツを合わせたコーデでボトムを
スリムの見せるとバランス良くなります。

 

ダウンコートはウエストシェイプの無いもの
が○

 

ウエストを絞ってるデザインやベルトのある
ものはウエスト部分がパンパンになって
しまうので逆に太って見えてしまいます。

 

ポイント
・ダウンコートはお尻丈なら着太りなし
・ウエストの絞ってないデザインが○
・ボトムはスキニーなどスリムなシルエットで
 

フレアースカートにはショート丈コートがGOOD

3.フレアースカートにはショート丈コートがGOOD
引用元;http://eagles-fanzine.com/6584.html

 

丈の短いコートは着太りを防いでくれて
トップをコンパクトにまとめてくれるから
スタイル良く見せてくれる効果もあり!

 

ふんわりとした動きのある膝丈の
フレアスカートにはショート丈コートとの
バランスが可愛くまとまります。

 

スカートの女性らしい動きも生かせるし
コートの中でもたつかないから
すっきりと女の子らしいガーリーコーデに♪

 

カジュアルなダッフルデザインのコートなら
フェミニンなスカートコーデにも少し
カジュアルさをプラスすることができます。

 

足元はタイツ×パンプスや
ショートブーツなどで大人ガーリーに
きめると可愛くなります♪

 

ポイント
・ショートコートはトップスをコンパクトにしてくれる
・膝丈スカートにはショートコートがバランス○
・ダッフルデザインならカジュアルさをプラス
 

まとめ

 

大学生にお勧めな
大人可愛い着太りしない冬コーデは
コートの着こなし方がポイント!

 

コートはダークカラーにすると
引き締め効果で着太りせずにすっきりと
着こなせます。

 

ダウンコートならロング丈ではなく
お尻の隠れるくらいの丈をチョイス。

 

ボトムはスキニーなどスリムにまとめて。

 

フレアースカートにはショート丈のコートが
ベスト。

 

トップをコンパクトにしてくれるから
着太りしないですっきりまとまります。
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
ダッフルコート冬の着こなし!小柄女子でもコーデのコツ!
ショートダッフルコーデ!ガーリーな着こなしのコツ!
トレンチコート冬の大人コーデ!女子大生におすすめ3選!


Sponsored Link

こちらの記事もおすすめです

応援よろしくです!

応援よろしくです!

お問い合わせ