カテゴリー:ヘルスケア

  1. 熱中症は梅雨が明けると発症のピークを迎えます。毎年多くの人が病院に運ばれることも少なくありません。なぜ、毎年注意を呼び掛けているのに多くの人が病院にお世話になるのか?その原因として考えられるのは、「熱中症の症状だと気付かない」ということ…

  2. 小学生~中学生の年代で一番熱中症になりやすいのが部活やスポーツをしている時です。熱中症と聞くと真夏の炎天下でのスポーツというイメージがあります。ですが、熱中症は屋内のスポーツでもリスクが高いと言われています。そこで今回は、スポーツ別の熱…

  3. 熱中症の自覚症状として一番多いのは頭痛です。 頭を締め付けられるようなズキズキとした痛みに襲われます。 その場合、どんな対処をしますか? 多くの方がロキソニンなどの頭痛薬を飲んでしまうと思います。しかし、ロキソニンを飲んで…

  4. 熱中症対策と言えば真っ先に思い付くのは飲み物による水分補給です。最近は熱中症対策の飲み物として数多くの商品が発売されていますね。そんな熱中症対策ドリンクはレモン風味の商品が多いように感じます。では、なぜレモン風味の商品が多いのでしょうか…

  5. 熱中症と聞くと、「真夏の炎天下で発症する」というイメージが強いと思います。 しかし、実は熱中症は夜間にも多く発症すると言われています。 そして、夜間に発症する症状として一番多いのが頭痛です。 昼間は大丈夫だったけれど、…

  6. 熱中症の症状の1つに吐き気や嘔吐があります。特に12歳未満の子供に多い症状と言われています。では、熱中症による吐き気や嘔吐は一体どんな場合に起こるのでしょうか?今回は子供の熱中症嘔吐の原因と対策についてまとめてみました。 (さらに&…

  7. 梅雨の時期から秋の初めにかけては、食品の取り扱いに要注意な時期ですよね。食中毒菌が増殖しやすくなる条件がそろい、流行化にもつながってしまいます。o157が流行するのは、気温の低い、冬場が多いイメージがありますが、それは、感染力の強さに原…

RETURN TOP

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。